コインチェック、仮想通貨イーサリアムクラシックの取扱いを一時停止

コインチェック「ETC」の取扱い一時停止措置

コインチェックは14日、イーサリアムクラシック(ETC)の購入・売却および、Coincheckつみたてにおける該当通貨の積立を一時停止することを発表した。

イーサリアムクラシック(ETC)の購入・売却の一時停止日時は、9月15日17:00(予定)。 あわせて、2020年8月6日より一時停止していたETCの送金を再開する。

購入・売却・受取の再開日時は「未定」とした。

一時停止理由

コインチェックは公式ブログにて、一時停止判断に至った経緯について、「51%攻撃」が原因とみられる大規模な再編成(リオーグ)の影響があることを明かした。

イーサリアムクラシック(ETC)においては、2020年8月初旬より「51%攻撃」が原因とみられる大規模な再編成(リオーグ)が継続的に発生していることをうけ、Coincheckをはじめ国内外の暗号資産取引所がETCの送金・受取を停止しています。

今後、CoincheckにおいてETCの取引が増加した場合に、当社がリスク軽減を目的として国内外の暗号資産取引所間で行うカバー取引を行うための送金・受取ができず、お客様の資産を法令に基づく方法で安全に管理できなくなることやお客様の売却に応じられない可能性があるため、ETCの購入・売却およびCoincheckつみたてにおける該当通貨の積立を一時停止することとなりました。

関連:ETCラボ、51%攻撃問題で対策案 イーサリアムクラシックの攻撃受け

一時停止対象サービス

  • Coincheck(WEB)におけるETCの「コインの購入」「コインの売却」
  • CoincheckアプリにおけるETCの購入・売却
  • CoincheckつみたてにおけるETCの積立


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します