米コインベース、仮想通貨ATOMのステーキングに対応

コインベースがATOMステーキング対応

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースがATOM(Cosmos)のステーキング対応を発表した。

関連仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

このサービスが利用できる利用者の居住国は、米国・イギリス・フランス・スペイン・オランダ・ベルギーとなる。

ATOMはコインベース取引所が対応する第二弾のステーキング銘柄だ。第一弾はテゾス(XTZ)。ATOMの報酬年利は年間5%で、コインベース側は別途25%の手数料を徴収する。(5%は、手数料が引かれた基準値)

ステーキング手数料も高く設定されるが、コインベースのユーザー規模から、すでに開始しているテゾスのステーキングでは世界で最も規模の大きい業者のひとつとなっている。2019年11月より始まって以来、すでに200万ドル以上の報酬を利用者らに配っている。

今回サービスを提供するのは、コインベースアプリのほうで、コインベース傘下の「コインベースカストディ」ではすでに、テゾス、アルゴランド(ALGO)、ATOMのステーキングに対応している。アプリを利用する顧客には利便性が高まる。

なお、ATOMのステーキングを提供するのは、他にもバイナンスやBitfinexがある。

関連コインベース


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します