スノーデン機密文書:米国家安全保障局2013年よりビットコインユーザー監視の疑い

スノーデン機密文書
アメリカ国家安全保障局(NSA)は、元局員の内部告発者、スノーデン氏から入手した機密書類の中に、「ビットコインの送信者と受信者の追跡を促す」ことを緊急の優先事項とし、ビットコインのブロックチェーンを世界中で監視してきたと示唆する文書が存在することが明らかにした
監視の目的は
匿名性の高いビットコイン取引を通した「オンライン電子通貨サービス」を悪用して、資金移動や資金洗浄などの組織的犯罪を繰り返す「サイバー組織」の動向を把握することを目的とした監視であると、その正当性を主張する注釈がある

3月20日に発表された、「敵対者的ジャーナリズム」を標榜するオンラインニュース The Intercept のレポートによると、同社がアメリカ国家安全保障局 (NSA)元局員の内部告発者、エドワード・スノーデン氏から入手した機密書類の中に、

NSAは「ビットコインの送信者と受信者の追跡を促す」ことを緊急の優先事項とし、ビットコインのブロックチェーンを世界中で監視してきたと示唆する文書

が存在することを明らかにしました。

ビットコインのブロックチェーンの監視

2013年3月に書かれたこの機密文書によると、NSAはビットコインの公的台帳であるブロックチェーンを監視するだけに留まらず、世界中のインターネット通信データを分析、ユーザーの匿名性を低下させるソフトウェアを使用することで、データをかき集めているようです。

メモの一つは、

  • ユーザのパスワード
  • インターネット活動状況
  • 固有機器識別番号(MACアドレス)

などの、個人情報を収集していることを示唆しています。

レポートによると、NSAは2013年より「コードネーム:OAKSTAR」というプロジェクトで、ビットコインユーザーのインターネット上での活動を監視し始めており、他のリーク文書によると、OAKSTARのサブプログラムである「MONKEYROCKET」は、仮想通貨取引の発信者をピンポイントで特定することに一歩一歩近づいている可能性まで示唆しています。

さらにリークされた文書は、NSAがビットコインユーザー情報を調査するため、2013年にスノーデン氏がNSAの偵察活動を告発した際に初めて暴露された、「XKeyScoreシステム」という、極めて強固なグローバルインターネット監視システムを使用している可能性をほのめかしています。

目的と今後

スパイ映画さながらの内部機密文書内容ですが、NSAの任務の目的は、匿名性の高いビットコイン取引を通した「オンライン電子通貨サービスを利用し、資金移動や資金洗浄を行う組織的犯罪やサイバー組織を注視することである」と記されており、一般のビットコイントレーダーをターゲットにしているわけではなさそうです。

しかし、NSAの目的が完全に明らかになったわけではなく、金融取引のプライバシーの重要性を強く認識しているビットコインコミュニティは、警戒心を抱かざるを得ません。特にプライバシーを優先するユーザーは、他の「プライバシーを意識した」通貨に乗り換えることもあるだろうと、コーネル大学(CornellUniversity)准教授で仮想通貨契約イニシアチブの共同ディレクター「Emin Gun Sire」氏は、述べています。

アメリカ国家安全保障局のビットコインユーザー監視のこのニュースは、アメリカ政府が、議員の発言や法執行機関を通して表明してきた、テロ活動支援のための資金として、また資金洗浄などの目的で仮想通貨が違法使用されるのではという懸念を、全く異なる側面から照らし出したものと言えそうです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加