仮想通貨取引所コインベースPro、DeFi銘柄のBALとRENが新規上場

コインベースProの新規上場

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースProがDeFi(分散型金融)関連銘柄のBALとRENを新規上場を発表した。ニューヨーク州とイギリスのユーザーは利用対象外となる。

取引ペアは、BAL/USD、BAL/BTC、REN/USD、REN/BTCの4つだ。すでに入金可能になっており、取引は流動性の条件に応じて6日以降開始するという。

RENはコインベースが6月に発表した新規上場候補銘柄にあり、BALは8月に発表した候補銘柄に含まれている。

関連米仮想通貨取引所コインベース、新規上場候補のアルトコインを発表 DeFi銘柄が多数

関連米コインベース、新規上場候補のアルトコインを公開 18銘柄

コインベースはDeFiブームを受け、これまで積極的に関連銘柄の新規上場を行ってきた。UNIやYFI、UMA、COMPなど高い頻度で新規取扱い銘柄の発表が続いている。

参考:公式発表


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します