CoinPostで今最も読まれています

「14日からRipple SWELL Global」次週注目ファンダとTAOTAOアナリスト解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

来週の注目ファンダ

来週の注目ファンダとビットコイン(BTC)のハッシュレート推移、難易度調整予想、クリプト指標について解説します。

Ripple Swell Global

2020年10月14日~ 2020年10月15日

2020年10月14日〜2020年10月15日の2日間、Ripple社は年次カンファレンス「Swell2020」を開催します。今回予定されるSwellはこれまでとは異なり、新型コロナウイルスによるソーチャルディスタンスを守る目的で、初のバーチャル開催となります。

これまでの招待制と異なり、一般を含む希望者の登録が可能です。Swellのレジター(登録フォーム)は、現時点でホームページで公開されており、日本からの登録も受け付けています。

SWELLとは、「巨大な波(XRP革命の大きさ)」を意味する用語で、世界各国における、政治・経済界、銀行業界、ブロックチェーン業界のリーダーが一堂に介し、「送金の未来」について議論する場となります。

XMR ネットワーク・アップグレード

2020年10月17日

2020年10月17日、同ネットワークアップグレードでは、新しいリング署名「CLSAG」が導入され、代表的なトランザクションサイズが最大25%削減され、代表的な検証パフォーマンスが最大10%向上します。

基本的に、すべてのトランザクションが軽量化され、高速化されます。また、同アップグレードはハードフォークによって実行されますが、分裂によるコインの発行は行われません。

BTCハッシュレート

先週のBTCハッシュレートの最低値は10月03日の135.5TH/s(前週比101.2%)、最高値は10月01日の141.8TH/s(前週比100.9%)でした。

BTCハッシュレート推移

一方でBTC価格の最低値は10月02日の約110万円(前週比102.8%)、最高値は09月28日の約115万円(前週比99.1%)でした。

BTC価格チャート

先週のハッシュレートは、再び過去最高値水準で推移しており、BTC価格も継続してレンジ相場となっています。

BTC難易度調整

前回の難易度調整は、2020年10月04日12:19(651,168ブロック)に行われ、変動率は-0.09%となりました。

BTC難易度調整値

具体的な数字として、難易度は19.30 T(前回比98.8%)、平均ハッシュレートは124.12 EH/s(前回比99.9%)となっており、共に過去最高値周辺で推移しています。 また、難易度調整の基準になる平均ブロック生成時間は10分01秒(前回08分59秒)となっています。

次回の難易度調整は、2020年10月18日に行われる予定です。

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Andorid版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人

クリプト指標解説|寄稿:仮想NISHI

Ripple SWELL Global(10/14~15日)

RippleSWELLGlobal (以下SWELL)は、リップル社が2017年から毎年1度主催する大型カンファレンス。

リップル社に関する今後の事業展開の発表に加え、世界的著名人の招へい等を例年行っており、内容についても注目される。SWELL開催日前後はXRPのボラティリティが大きくなる傾向があり、過去3回の値動きでは、開催日数週間前から上昇、開催後に事実確定売りとみられる下落が見られた。

過去の値動き(作成:CoinPost)

関連:ビットコインなど仮想通貨の値動き解明へ|寄稿:仮想NISHI

寄稿者:仮想NISHI@Nishi8maru
「新しいお金。新しい世界。」を掲げる仮想通貨取引所TAOTAOのクリプトアナリスト。DECOCHARTやTASKALの企画・監修者としても、日本の業界に必要な投資関連情報の配信に携わっている。

関連:TAOTAO公式サイト

関連:TAOTAO 公式Twitter

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。
12:35
著名投資家ピーター・ブラントが痛烈批判、ゲンスラーSEC委員長の能力に疑問を呈す
著名投資家ピーター・ブラント氏は米SECのゲンスラー委員長を批判した。MFグローバル破綻などに関する過去の疑惑を引いて信頼性に疑問を呈した。
11:34
イーサリアム大幅続伸で3000ドル台迫る、ビットコインも底堅く推移
暗号資産(仮想通貨)市場では大型アップグレードDencunのメインネットローンチを来月に控え、現物ETF承認思惑のあるイーサリアムが大幅続伸した。アルトコイン市場では、ChatGPTを開発したOpen AIのサム・アルトマンCEOらが主導するWorldcoin(WLD)の急騰も目立った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧