CoinPostで今最も読まれています

リップル社開催のSWELL2020、世界銀行責任者が語る「金融包摂」の重要性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Swell2020開幕

米リップル社が日本時間14日午後4時より、最大級の年次グローバルカンファレンス「Swell2020」の幕を開けた。今年は新型コロナの世界的感染の影響で、初のバーチャル開催となった。

関連リップル社の国際カンファレンス、開幕は「14日16時」──Swell2020 アジェンダ・登壇者情報

Swellについて

Swellは、リップル社が2017年から毎年1度主催する大型カンファレンスだ。リップル社に関する新規プロダクトや今後の事業展開の発表に加え、世界的著名人の招へい等を例年行っており、内容についても注目される。

今年のSwellカンファレンスは、本家開催となる今回のグローバルカンファレンス版以外、7月〜9月にかけて、5つの地域で地域型カンファレンス「Swell Regionals」が開催された。

7月29日にNorth America(北米)、8月13日にMENA(中東と北アフリカ)、同26日にAPAC(アジア太平洋)。また、9月2日にLATAM(ラテンアメリカ)、16日にEurope(欧州)で計5回の開催が行なわれた。

関連リップル社、「Swell Regionals」を本日から開催へ 本家SWELLとの違いは?

世界銀行責任者が語る「金融包摂」

フィンテック・金融包摂のセッションで、世界銀行グループの「金融包摂・インフラ・アクセス」のプラクティスマネージャーを務めるMahesh Uttamchandani氏は、自身が担当する「金融包摂」に関する職務や、金融包摂の重要性について語った。金融包摂はリップル社がRippleNetを通して推進してきたメインテーマでもある。

世界銀行グループでは、主に決済、金融プロテクション、債務再建や金融包摂、デジタル金融サービスなどの金融インフラを担当し、「金融システムの配管作業」と喩えた。

金融包摂については、以下のように説明している。

金融包摂を目指す上で大きな目標として掲げたのは、「極度の貧困の撲滅」、及び「繁栄の共有促進」の2点であり、こちらは世界銀行グループの2つの目標でもある。

金融包摂が実現するのは、すべての基礎的な金融サービスにアクセスできることだ。

それに関して、極度の貧困にあたる人にとって貯金や送金、投資を可能にすることは、金融的レジリエンス(立ち返る力)を与えると指摘。実際にケニアで導入されたMペサ(非接触型決済、送金、マイクロファイナンスなどを提供するサービス)を例に挙げ、同システムを利用した人々の方がMペサを利用しなかった人に比べ、金融ショックに対するレジリエンス能力が高かったと述べた。

こうして徐々に金融的なサービスを構築することにより、医療や教育などの重要な分野においても個人の投資を可能にすると、Uttamchandani氏は考えているという。

金融包摂の課題点と改善

一般的に貧困層に金融サービスの提供がこれまで避けられてきた要因の一つとして、Uttamchandani氏はサービスプロバイダ側に利益(ビジネスチャンスなど)が少ないことが課題だったと説明。しかしデジタル化によりコスト単価を抑えながら、貧困層に金融サービスを提供できるようになった。また同時に取引の速度と透明性も向上し、ユーザー層のニーズにあったサービスの提供は可能になっている。

実際2014年から2017年の間で、サブサハラ・アフリカ地域では一般的に銀行などの伝統的な金融サービスにアクセスできるエリアと比べて、口座を作ったユーザー数が2倍増えたという。またこれらのユーザーの地域データーを参照すると最寄りの銀行が数日かけて移動しないといけない距離だったため、デジタル化によって金融包摂は大きく進んでいる、とUttamchandani氏は述べた。

「カスタマーインパクト賞」

リップル社のSVP(上席副社長)Marcus Treacher氏が登壇しエンドユーザーへの価値を提供した企業を表する「カスタマーインパクト賞」の受賞者を発表した。

出典:Linkedin

まずはエンドユーザーに価値、速度と確実性を提供した企業を表する「カスタマーインパクト賞」の受賞者を発表し、2020年はベトナムのTPバンクとサウジアラビアのSABBが選ばれた。

TPバンクはベトナムの著名銀行で、デジタル面における変革とイノベーションで知られており、2019年にはベトナムで初めてブロックチェーン技術およびRippleNetのクロスボーダーペイメント(国際送金)を導入した。ベトナムでは移民労働者の数が年々増加しており、TPバンクはこの層に効率的で速い送金取引を提供することで社会貢献を果たした。

また、SABB(サウジ・ブリティッシュ・バンク)はサウジアラビアで3番目の著名銀行で送金サービスのスピードで認知されている。リップル社の技術を導入し小売銀行にコストを抑えた送金を提供を実現。結果的により優れたカスタマー体験がマーケットシェアの拡大につながった、とTreacher氏は述べた。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/24 土曜日
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧