CoinPostで今最も読まれています

リップル社開催のSWELL2020、世界銀行責任者が語る「金融包摂」の重要性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Swell2020開幕

米リップル社が日本時間14日午後4時より、最大級の年次グローバルカンファレンス「Swell2020」の幕を開けた。今年は新型コロナの世界的感染の影響で、初のバーチャル開催となった。

関連リップル社の国際カンファレンス、開幕は「14日16時」──Swell2020 アジェンダ・登壇者情報

Swellについて

Swellは、リップル社が2017年から毎年1度主催する大型カンファレンスだ。リップル社に関する新規プロダクトや今後の事業展開の発表に加え、世界的著名人の招へい等を例年行っており、内容についても注目される。

今年のSwellカンファレンスは、本家開催となる今回のグローバルカンファレンス版以外、7月〜9月にかけて、5つの地域で地域型カンファレンス「Swell Regionals」が開催された。

7月29日にNorth America(北米)、8月13日にMENA(中東と北アフリカ)、同26日にAPAC(アジア太平洋)。また、9月2日にLATAM(ラテンアメリカ)、16日にEurope(欧州)で計5回の開催が行なわれた。

関連リップル社、「Swell Regionals」を本日から開催へ 本家SWELLとの違いは?

世界銀行責任者が語る「金融包摂」

フィンテック・金融包摂のセッションで、世界銀行グループの「金融包摂・インフラ・アクセス」のプラクティスマネージャーを務めるMahesh Uttamchandani氏は、自身が担当する「金融包摂」に関する職務や、金融包摂の重要性について語った。金融包摂はリップル社がRippleNetを通して推進してきたメインテーマでもある。

世界銀行グループでは、主に決済、金融プロテクション、債務再建や金融包摂、デジタル金融サービスなどの金融インフラを担当し、「金融システムの配管作業」と喩えた。

金融包摂については、以下のように説明している。

金融包摂を目指す上で大きな目標として掲げたのは、「極度の貧困の撲滅」、及び「繁栄の共有促進」の2点であり、こちらは世界銀行グループの2つの目標でもある。

金融包摂が実現するのは、すべての基礎的な金融サービスにアクセスできることだ。

それに関して、極度の貧困にあたる人にとって貯金や送金、投資を可能にすることは、金融的レジリエンス(立ち返る力)を与えると指摘。実際にケニアで導入されたMペサ(非接触型決済、送金、マイクロファイナンスなどを提供するサービス)を例に挙げ、同システムを利用した人々の方がMペサを利用しなかった人に比べ、金融ショックに対するレジリエンス能力が高かったと述べた。

こうして徐々に金融的なサービスを構築することにより、医療や教育などの重要な分野においても個人の投資を可能にすると、Uttamchandani氏は考えているという。

金融包摂の課題点と改善

一般的に貧困層に金融サービスの提供がこれまで避けられてきた要因の一つとして、Uttamchandani氏はサービスプロバイダ側に利益(ビジネスチャンスなど)が少ないことが課題だったと説明。しかしデジタル化によりコスト単価を抑えながら、貧困層に金融サービスを提供できるようになった。また同時に取引の速度と透明性も向上し、ユーザー層のニーズにあったサービスの提供は可能になっている。

実際2014年から2017年の間で、サブサハラ・アフリカ地域では一般的に銀行などの伝統的な金融サービスにアクセスできるエリアと比べて、口座を作ったユーザー数が2倍増えたという。またこれらのユーザーの地域データーを参照すると最寄りの銀行が数日かけて移動しないといけない距離だったため、デジタル化によって金融包摂は大きく進んでいる、とUttamchandani氏は述べた。

「カスタマーインパクト賞」

リップル社のSVP(上席副社長)Marcus Treacher氏が登壇しエンドユーザーへの価値を提供した企業を表する「カスタマーインパクト賞」の受賞者を発表した。

出典:Linkedin

まずはエンドユーザーに価値、速度と確実性を提供した企業を表する「カスタマーインパクト賞」の受賞者を発表し、2020年はベトナムのTPバンクとサウジアラビアのSABBが選ばれた。

TPバンクはベトナムの著名銀行で、デジタル面における変革とイノベーションで知られており、2019年にはベトナムで初めてブロックチェーン技術およびRippleNetのクロスボーダーペイメント(国際送金)を導入した。ベトナムでは移民労働者の数が年々増加しており、TPバンクはこの層に効率的で速い送金取引を提供することで社会貢献を果たした。

また、SABB(サウジ・ブリティッシュ・バンク)はサウジアラビアで3番目の著名銀行で送金サービスのスピードで認知されている。リップル社の技術を導入し小売銀行にコストを抑えた送金を提供を実現。結果的により優れたカスタマー体験がマーケットシェアの拡大につながった、とTreacher氏は述べた。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。
10:20
米連邦地裁、コインベースに対する集団訴訟を却下 株価大幅高
米ニューヨーク南部地裁は、仮想通貨取引所コインベースに対する集団訴訟を却下した。訴訟は、コインベースが未登録証券を取り扱っていると申し立てるものだった。
09:55
AWS、Web3の人材を募集
アマゾンのクラウドサービス部門AWSは現在、Web3チームの人材を募集。また、ebayは仮想通貨やNFTに関する職種など、複数のポジションでWeb3関連の求人を行っている。
08:30
Optimism、初のアップグレードは3月実施を提案
仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」のOptimism Foundationは、ネットワーク初となるアップグレードBedrockの実施時期を3月にすると提案した。
02/02 木曜日
16:53
プロトレーダー向けNFT市場「Blur」の戦略とは
イーサリアムのNFT経済圏では、プロトレーダー向け NFTマーケットプレイス「Blur」のシェアが急拡大している。2月1日時点でBlurの出来高は7,248 ETH(15億5900万円)でOpenSeaを上回った。
16:35
平議員「なぜ日本の政策にweb3が必要なのか」 岸田総理は前向きな答弁
自民党web3 PT座長の平将明議員は、衆院予算委員会にてデジタル分野における国家課題(政府のweb3政策)について質問を行い、岸田総理は前向きな見解を示した。web3には暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン、NFT、メタバース、DAOなどが含まれる。
12:35
テザーCTO、セルシウスからの借入を否定 破産報告書に反論
テザー社のPaolo Ardoino最高技術責任者は、破綻した暗号資産(仮想通貨)融資企業セルシウスの破産報告書で指摘された融資内容について強く否定した。
12:20
ChatGPT、サブスクプランを発表
米OpenAIが、世界各国で流行するAI言語モデル「ChatGPT」の月額20ドルのサブスクリプションプラン「ChatGPT Plus」を発表した。ChatGPT無料版は引き続き提供し、ユーザー獲得に結びつける方針だ。
12:03
FOMC好感でビットコイン24000ドル台に上昇、イーサリアムは前日比5%超
警戒されていたFOMCおよびパウエル議長会見内容が市場に好感され株や暗号資産(仮想通貨)が反発。ビットコインが24000ドルを回復したほか、Shanghai(上海)アップグレードを控えるイーサリアム(ETH)が上昇した。
11:40
Stargate Finance、STGトークン再発行を提案
Stargate Financeは1日、すべてのSTGトークン再発行を提案した。アラメダリサーチのウォレットから資金が不正流出していることをリスクとして指摘している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア