CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン急伸 年初来高値更新で「過去最高値」も視野

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン急伸

22日の暗号資産(仮想通貨)市場でビットコイン(BTC)が急伸。年初来高値を更新し、米ドル建で一時13,000ドル台乗せに成功した。

12,000ドル(①)の心理的節目は、売り圧の強まりやすいレジスタンスラインが存在しており、チャートが崩れれば大きな反落も想定されていた展開であったが、米決済大手のPayPalが21日夜に暗号資産(仮想通貨)の売買を開始する予定であるとの発表を市場が好感。年初来高値12,500ドル(②)をブレイクし、BTC市場が急伸した。

19年の最高値14,000ドル(③)が次点の心理的節目。ブレイクに成功すれば、17年から18年にかけて打ち立てた過去最高値である1BTC=20,000ドルに向けて高騰する可能性も視野に入る。

PayPal参入の重要性

材料となった米決済大手のPayPalが21日に発表した内容の要旨は、以下の通り。

  • 仮想通貨の売買サービスを開始へ
  • PayPalに対応する2600万以上のショップ(全世界)で仮想通貨決済
  • 対応銘柄:ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)
  • 目的:PayPalのネットワークを介してグローバル規模で仮想通貨利用を促進し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に備える

市場が好感した理由には、3億2500万ユーザーを誇るグローバルサービスを運営するPayPalの参入が、将来的な仮想通貨エコシステムに良い影響を及ぼす可能性があると見られたことにある。

これまでも仮想通貨決済領域では、仮想通貨対応クレジットカードがグローバル規模で展開されてきたが、VISAなどはあくまでも決済クレジットの規格を提供するベンダーの立ち位置であり、発行体は業界企業が主体となっていた。一方、PayPalは自社サービスを中心に展開することで、過去の事例と比較して市場が好感する材料に繋がった。

実際に、22日の仮想通貨市場を見ると、PayPalが対応を発表した4銘柄が騰落率で高いパフォーマンスを示す一方で、他のアルトコインにも資金が流入する全面高の様相を呈している。

昨日まで、ビットコインに資金が一極集中する「アルトドレイン」が見られていたことを加味しても、今後の銘柄追加も含め、業界全体の好材料として投資家が判断していることが示される。

出典:CoinMarketCap

業界の有識者からは、Virgin Galacticの理事長Chamath Palihapitiya氏がPayPalのニュースを受けコメント。「大手銀行はおそらく現在どのようにビットコインに対応するか議論しているかもしれない。もはや選択肢じゃなくなってきている」と期待感をあらわにした。

国内では、大手メディアが報道

また、PayPalの仮想通貨参入が意識される理由に、業界外のマスメディアが次々と報道していることが挙げられる。

経済メディアでは日経新聞やブルームバーグなどが報道。BTCの値動きを取り上げたテレビ関連ではテレ東系列のモーニングサテライトが、「デジタル通貨への期待感と大口資金流入で年初来高値」と紹介した。

一般投資家の市場シェアが大きい仮想通貨市場では、大手マスメディアの報道によるマーケットへの影響度は大きい。PayPalが世界規模であることを踏まえると、国内外で同様の報道が相次いでいることも予想される。

なお、PayPalに関する詳しい内容は以下の記事より確認できます。

PayPal、仮想通貨売買に対応へ ビットコインなど4銘柄
米決済大手のPayPalは仮想通貨の売買機能を開始することを公式で発表した。最初はビットコインを含めた4銘柄をサポートする。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 水曜日
08:30
ドル円一時147.3円 コインベース株大幅高、米FOMC理事ハト派転換か
コインベースやビットコイン採掘関連株などはFOMC理事のハト派的な発言を受けて大幅に上昇した。今夜は米7-9月期四半期実質GDP改定値が発表される。
07:45
アニモカブランズ、TONネットワーク最大のバリデータに
香港のWeb3大手アニモカブランズは28日、TONのエコシステムに投資し、L1ブロックチェーン「TON」の最大のバリデータになったと発表した。
06:50
CZ氏、バイナンスUSの取締役会会長を退任
仮想通貨取引所バイナンスの米国部門バイナンスUSは、CZ氏が同社の取締役会の会長を退任すると発表。退任はCZ氏が決断したという。
06:10
米SEC、2つのビットコインETF上場申請でパブコメを募集
米SECは新たに、Franklin TempletonとHashdexの仮想通貨現物ビットコインのETF上場申請について、パブリックコメントを募集すると発表した。承認が近いとの意見も。
05:45
バイナンス、イーサリアムフォーク銘柄のパーペチュアル取引を提供
海外版仮想通貨取引所バイナンスは28日、新たに銘柄のパーペチュアル(無期限先物)取引を開始した。
11/28 火曜日
18:47
JPYCが三菱UFJ信託とProgmat、ステーブルコイン拡張と国内外SC交換業へ連携検討
三菱UFJ信託銀行、Progmat社、JPYC社がProgmat Coin基盤を活用した新しいステーブルコイン「JPYC(信託型)」の発行に関する共同検討を開始。JPYC社は、国内外のステーブルコイン交換業者としての新たな事業展開を目指す。新たな「JPYC(信託型)」は横展開可能なモデルであり、電子決済手段として機能する予定。
16:00
「法定通貨が不可能なことをBTCで実現」Fountain創設者が語る
第9回のGM Radio:Beyond The Priceは10日に公開。ゲストはWeb3ポッドキャストアプリFountain開発企業の共同創設者Nick Malster氏である。
14:45
イーサリアム共同創設者ブテリン「ステーキングメカニズムには大規模な刷新が必要」
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、トルコで開催されたDevconnectで、ステーキングを再設計し、パフォーマンスに影響を与える問題を解決する計画だと述べた。
13:28
オーディナル導入ゲームFarcana、アニモカから投資を獲得
UAEに拠点を置くゲームスタートアップ、FarcanaがAnimoca Brandsからの投資を受け、ビットコイン賞金プール付き戦略シューティングゲームの開発を加速。Web3ゲームの先駆者として、ビットコインオーディナルを導入予定。
12:05
ビットコイン37000ドル台維持、弱含みのアルトコイン相場は大規模アンロック警戒も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが高値圏を維持する一方、弱含みのアルトコイン相場は6億ドルを超える規模のトークンアンロックへの警戒感も燻る。
11:25
コインベースCEO、英首相が開催するグローバルサミットに参加
米大手仮想通貨取引所コインベースは、アームストロングCEOが英国のスナク首相が開催するグローバルサミットに参加すると発表した。
11:25
Find Satoshi Lab、次回作「Gas Hero」のクローズドベータテスト開始
フィットネスBCGのSTEPN開発Find Satoshi Lab(FSL)の新作ゲーム「Gas Hero(ガスヒーロー)」がクローズドベータテストを開始した。NFTのGas Heroバッジ保持者など条件を満たしたユーザーのみ参加できる。正式ローンチは23年12月にPolygon(ポリゴン)基盤で予定される。
10:20
香港で仮想通貨詐欺相次ぐ 規制当局はライセンス猶予期間据え置き
香港証券先物委員会の最高経営責任者は、相次ぐ詐欺事件に関わらず、仮想通貨仲介企業に対するライセンス猶予期間は短縮しないと述べた。
09:54
金持ち父さん著者「手遅れになる前に金・銀・ビットコイン投資を」
『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者ロバート・キヨサキ氏は、手遅れになる前に金、銀、暗号資産(仮想通貨)ビットコインに投資するよう呼びかけた。同氏は以前からこの3資産への投資を推奨している。
08:30
米ブラックフライデーのオンライン支出額が過去最高、今週は個人消費データに注目 
今週市場参加者が注目するのは、木曜日よる発表予定の10月個人消費支出(PCEデフレーター)で、米国での年末商戦業績にも影響するデータとなる。先週ブラックフライデーにおける米消費者のオンライン支出額は過去最高の98億ドルを記録し、前年比7.5%増となった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア