「対象コインは5銘柄」Kraken日本法人の暗号資産取引所がサービス開始

Payward Asia取引開始

米国の暗号資産(仮想通貨)取引所Krakenの日本法人の暗号資産交換業者「Payward Asia株式会社」が、10月22日より入出金と取引サービスを開始したことを発表した。

すでに新規口座開設の手続きを終えたユーザーは、Krakenの銀行パートナーである住信SBIネット銀行を通じた日本円の入出金サービスを利用できる。取引は、ビットコイン(XBT)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)およびライトコイン(LTC)の5つの主要資産を対象とした現物取引。(暗号資産と暗号資産の取引ペアおよび日本円と暗号資産の取引ペア)

(XBT表記は、ビットコインの通貨単位のこと。BTCが一般的だが、「ISO4217」で定められた通貨コードで、特定の国籍に依存しない場合に先頭に「X」を付けることに由来する。参照:bitflyer

Payward Asia株式会社はKraken(クラーケン)の日本法人として9月8日に、資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者としての登録手続きを完了させた。また、Krakenはグローバル取引所として世界最高水準のセキュリティを持つと掲げ、「従業員の利用する機器からオフィスの物理セキュリティにいたるまで、徹底的なリスク評価と対策を実施する」と以前紹介した。

関連米Kraken日本法人Payward Asiaの暗号資産取引所、口座開設可能に

Krakenの日本法人の代表である千野剛司氏は、日本の暗号資産市場の関心度についてこのように語った。

暗号資産は、激変する環境下においてある種の持久力があること、そして、継続的に進化する資産であることを証明してきました。既に取引に参加している投資家は、単に暗号資産の価格変動だけを見ているわけではなく、安全なステーキングサービスやDeFi(分散型金融)関連の技術革新を含めた新たな投資機会に着目しています。

一般的に日本の市場参加者は、金利や配当等の収入を好む傾向があるので、私どもの新たな顧客層により多くの投資機会を提供したいと考えております。

このように、今後取引以外の関連サービスを提供する可能性も示唆している。

参考:プレスリリース


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します