「ビットコインの購入はアップルやグーグルの初期投資に類似」=チューダー・ジョーンズ氏

ビットコインの資産価値

ヘッジ・ファンド業界のベテラン投資家ポール・チューダー・ジョーンズ氏は22日、米CNBCに出演し、ビットコイン(BTC)の魅力は以前よりも高まっていると語った。

ジョーンズ氏は今年5月、2%に相当する自身の資産をBTCに代えたとコメント。チューダーBVIグローバルファンドを通じて、BTC先物の取引を検討していることも明かし、大きな注目を集めた。今回の発言は、その時よりもBTCの評価が高まっていることを示している。

ジョーンズ氏は今回、BTCの価格上昇はまだ初期段階の「ファースト・イニング」であり、先の長い資産だと説明。単位は明かしていないが、「BTCには1桁で小さい数字の投資を行っている」と話した。

米連邦準備理事会(FRB)による前例のない規模の量的緩和策によって、これからインフレが起きると予想しており、ゴールド(金)や銅、米国物価連動国債(TIPS)などと共に、BTCはインフレヘッジ手段の1つだと主張。「私はBTCはベストなインフレヘッジ手段になるという結論に至った」と語っている。

またBTCの投資について、以下のように説明した。

 

BTCは、その価値を信じる本当に優秀な人々に支えられて発展してきた。

 

BTCへの投資は、スティーブ・ジョブズ氏やアップル、グーグルへ投資することに似ている。

ジョーンズ氏のBTC投資

上述したようにジョーンズ氏は今年5月に、自身の資産2%をBTCに代えたと明かした。2020年の純資産は51億ドル(約5350億円)とみられ、この純資産額の2%だと約1億ドル(約100億円)をBTCに投じたことになる。

関連個人資産の約2%「100億円相当」をBTCに投資か:チューダー・ジョーンズ氏

先月には米大手仮想通貨ファンドのグレースケールが公開したレポートによって、ジョーンズ氏がBTCの先物取引を検討していることを投資家に伝えた時に用いた表が明らかになった。

価値の保存手段として購買力、信頼性、流動性、可搬性の4つの観点から点数をつけ、金融資産、現金、ゴールドとBTCを比較している。

ジョーンズ氏は投資家へ宛てた書簡の中で、BTCの点数(Total Score)が最も低いことには驚かないと説明し、時価総額の差に注目した。

「BTCの点数は金融資産の約60%だが、時価総額は1200分の1。また点数はゴールドの66%なのに対し、時価総額は60分の1だ。何か間違っているように思えるが、私はそれは価格だと考える」とし、本来はBTCの価格はもっと高いものであるとの見解を示した。

関連チューダー・ジョーンズも評価するBTCの価値とは=グレースケール

参考:CNBC


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します