オランダ警察、資金洗浄関与の35億円ビットコインを押収

3000万ドルビットコインが押収

オランダ警察が資金洗浄に関与した2,500BTC(約35億円)の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを押収したことがわかった。

地元新聞紙の報道によると、ロッテルダム地方裁判所が逮捕された男女二人に有罪判決を下したのち、警察側が押収したものだ。男女の二人(夫婦)は過去2年間ビットコインを通して、約2000万ドルの資金を「洗浄」したという。

具体的には、二人は違法のビットコイン取引サービスを行い、大金に関わる取引にも関わらず、顧客に対してKYC(本人認証)やAML(資金洗浄対策)を行わなかった。加えて違法送金の告発においても有罪になった。オランダでは以前大手銀行が巨額の資金洗浄に関わっていたため、それに対する取締まりが強化されている。

関連200兆円超、巨額の資金洗浄を可能にした世界主要銀行と機能しない防止システム=FinCEN漏洩文書

警察が押収したのは、ビットコインだけではない。約30万ドルの現金や携帯電話、パソコンのハードドライブ、宝石なども押収したという。また、犯人二人が運営していた企業は計10万ドル(約1000万円)の罰金を科された。

最近、イギリスやスイス、米国など主要国の法的機関は仮想通貨に関連する資金洗浄に対する取締まりを強化。告発の事例が多く見られ、規制の基準や範囲を見直している状況だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します