CoinPostで今最も読まれています

国内仮想通貨交換業17社:国内取引量や顧客資産額等の資料を提出

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

国内取引所の取引状況についてのデータが提出される
国内仮想通貨交換業17社共同のデータ資料です。国内のデータが取引所協力のもとまとめられたのは初めてのことです。
2017年の大躍進ぶりが伺える
平成28年度→29年度にかけて、仮想通貨の現物取引は約8倍、証拠金等取引は約28倍の規模になっています。特に、2017年12月は、1ヶ月で取引所17社への合計入金額が1兆円を越しています。

金融庁にて開催された、「第一回仮想通貨交換業等に関する研究会」にCoinPost編集部も参加しました。

今回の「第一回仮想通貨交換業等に関する研究会」の注目すべきは、仮想通貨交換業者17社が共同で初めてデータ資料をまとめあげた事です。

以下、注目を集めた「国内取引所の取引状況について」です。

注目資料:国内取引所の取引状況

今回の国内仮想通貨取引状況のデータは、以下の17社のデータを元に資料が作られているとのことです。

  • 株式会社マネーパートナーズ
  • QUOINE株式会社
  • SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
  • ビットバンク株式会社
  • GMOコイン株式会社
  • ビットトレード株式会社
  • BTCボックス株式会社
  • 株式会社ビットポイントジャパン
  • 株式会社DMM Bitcoin
  • 株式会社ビットアルゴ取引所東京
  • エフ・ティ・ティ株式会社
  • 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
  • テックビューロ株式会社
  • 株式会社Xtheta
  • コインチェック株式会社
  • バイクリメンツ株式会社
  • 株式会社 CAMPFIRE

国内の仮想通貨取引量

国内の仮想通貨取引量の正確なデータが明らかになりました。

仮想通貨取引量①

途方も無いペースで取引量が増加していることが分かります。

平成28年度→29年度にかけては、現物取引は約8倍、証拠金等取引は約28倍にもなっています。

仮想通貨取引量②

8割が証拠金等取引で構成されており、ビットコインFX価格がBTC価格を牽引する状況です。

特に、bitFlyer FXでの取引量が多いと予想されます。

仮想通貨取引量③

BTC証拠金等取引量だけでみても、約28倍もの上昇を記録しており、ビットコインFXの需要の高さが伺えます。

また、XRPの現物取引量が平成28年度→29年度にかけて、約180倍もの上昇を記録しており、国内でのXRPの成長度とコミニュティの強さが感じられます。

年代別の顧客層

現物取引は全体の約90%が20代〜40代までとなっています。

仮想通貨取引は30代が中心となっていることが分かりますが、証拠金などの取引に関しては40代・50代も多いようです。

顧客の資産額(仮想通貨含む)

77.16%が10万円未満であり、全体の利用者の95%は、100万円未満とのことです。

顧客層の年代が若い傾向にあることから、資産額も低くなっている可能性が高いです。

また、1億円以上は268口座となっていますが、この数百口座の動きだけで仮想通貨市場に大きな影響を与えていることが考えられます。

入出金額

平成28年度→29年度にかけて、入金額は約37倍となっており、「仮想通貨元年」と言われた2017年の大躍進ぶりが伺えます。

こちらは平成29年度の詳細ですが、12月の入金額が異常な数値を示しています。

この時期は、ビットコイン価格が最高値を更新し続けて、またbitFlyerやコインチェックのTV CMによる新規顧客流入も影響したと思われます。

スプレッド

販売所のスプレッドに関しては、0.1~5%と非常に幅が広い状況です。

販売所の手数料は運営元が独自で設定しており、このスプレッドに関しては投資家から批判されることも多い要素です。

今後はこのスプレットを小さくすることで、取引所間で競争が生まれる可能性もあります。

まとめ

設立まもない一般社団法人日本仮想通貨交換業協会による今回の資料の発表は、各方面で高く評価されています。

取引量などのデータはおおよその数字でしか計れていない状況でした。

今回の資料(全文はこちら)でも、グローバルな数字については、政府や取引所との協力をしている訳ではない、coinmarketcapの数値が引用されています。

しかし、今回で日本国内の状況については最新かつ正確なものが確認出来るようになりました。

これは業界の透明性の向上にも繋がります。

また、12月の数値の異常性も再確認出来ましたが、それだけ新規顧客など多額の入金、参入が発生する余地がある、ということでもあります。

今後仮想通貨やブロックチェーンの発展を促しつつ、規制ルールを整えていき、健全な業界イメージを確立することで、市場ボリュームは大きくなっていく期待が持てるのではないでしょうか。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア