Bitrue、ネム新通貨「Symbol(XYM)」の事前取引(IOU)を提供へ

Bitrue、「Symbol(XYM)」の事前取引発表

XRP(リップル)基軸を採用する暗号資産(仮想通貨)取引所Bitrueは12日、ネムが21年に控える大型アップデート・新チェーン「Symbol(XYM)」のIOU(借用証書)取引を開始すると発表した。

XYMのIOU取引が発表されるのは、Bitrueが初めて。同社は、XRP保有者向けに実施されたFlare NetworksのSparkトークン(FLR)のIOU取引も実施しており、注目が集まる可能性がある。

Bitrueは、取引所内で保管されるXEMに対し、Symbol(XYM)のスナップショット(権利確定日)に対応。スナップショットの実施後すぐに、将来的にXYMと1:1で交換可能なIOUの取引を開始する。IOU取引はBitrueの取引システムに限定して取引されるが、実際の配布よりも前にXYMを売買できる機会をユーザーは得ることができる。

IOU取引の前例には、上述通り、Sparkトークン(FLR)の事例がある。FLRのケースでは、取引所が主導するIOUの発行は、公式が関与しているものではないとの声明を発表しており、取引所が独自に実施する取引であることが強調されている。

IOU取引のリスクには、実施する取引所の信頼性や流動性も大きなポイントに挙がる。

IOUの場合、取引所内のユーザーのみに限定された閉鎖的な取引となることから、市場流動性が低い可能性がリスクに含まれる。また、ユーザーは、グローバルマーケットに先行して、トークンを取引できる選択肢を得ることができるが、IOUトークンの価値が、グローバルマーケットでのXYM取引が開始された後の取引価格と比較して、高いか安いか判断することは難しい。

一方、投資として高い重要性に位置付けられる「機会損失」を防ぐ意味でも、選択肢として、IOU取引は投資家に注目される。

仮想通貨ネムの新ブロックチェーンSymbolに関するスナップショットは、日本時間9日朝7時に終了したPOI(コミュニティ)投票の結果として、「スナップショット日時を変更」とするオプションAが65.35%の票数で可決。現在、具体的な日程は決定していない状況にある。

スナップショットの日時決定後は、マーケットもそれに向けた取引を活発に行うことが予想されるが、権利確定後に実施されるBitrueのIOU取引は、日本でXYMトークンを受け取るユーザーにも、参考価格としても、注目が集まるだろう。

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します