ツイッター社のドーシー氏とJay-Z氏、共同でビットコイン基金「Btrust」設立 約25億円のビットコインを寄付

DorseyとJay-Zが基金設立

ツイッター社CEOのJack Dorsey氏と著名ラッパーのJay―Z氏が共同で、「Btrust」という名の基金を設立した。500ビットコイン(約25億円)が両氏らによって寄付される。

Dorsey氏は12日、自身のツイッターで同基金の設立を発表。アフリカおよびインドで活動する暗号資産(仮想通貨)ビットコイン開発チームへの支援をその方針としている。同氏はツイッター上で、以下のように述べている。

(基金を)取り消し不可能な白紙委任信託として設立を行うため、(投資先に関して)我々からの意見は一切含まれていない。

基金を開始するため、3人の役員を募集している。

また、Jay-Z氏も基金の設立についてその旨をSNSに投稿した。

白紙委任信託とは、個人の資産管理を専門家に委託し、投資先の選択の際に資産の所有者(受益者)の意思が介在しないようにすることで、利益相反を回避する仕組みのことを指す。

なお上記したツイッターでの投稿にて、役員の募集フォームも掲載されている。

Dorsey氏はビットコイン支持者として知られており、これまでアフリカのデジタル経済や金融包摂に関心を寄せていた。2019年にアフリカを訪問した際、伝統金融インフラが欠如するアフリカ大陸で進む金融デジタル化およびフィンテック起業家の規模に感銘を受けており、「アフリカがビットコインの未来を握っている」と発言し、その将来性に焦点を当てた。また、本来2020年には数ヶ月間アフリカで生活体験をする計画を立てたが、新型コロナパンデミックが原因で延期を余儀なくされる状況となっていた。

著者:A.Sakamoto
参考:Twitter

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します