米SEC新長官候補Gensler氏、上院委員会で承認 議場投票に進む

Gensler氏承認プロセスの進捗

米証券取引委員会(SEC)の新長官に指名されたGary Gensler氏が上院の銀行委員会で承認されたことがわかった。今後は上院における議場投票が行われる予定だ。

銀行委員会は14-10の票数でGensler氏の指名を可決。上院議場の投票(floor vote)は指名における最終決定となるが、現時点ではその日程は発表されていない模様。

委員会による承認決定は、3月2日に行われたGensler氏に対する上院公聴会に次ぐプロセス。公聴会にて、Gensler氏は仮想通貨におけるSECの責任範囲や明確なルール作りの必要性の面について見解を披露。また、人気掲示板サイトRedditや「ゲームストップ」の株価急騰による一時的市場混乱についても言及していた。

関連米SEC委員長候補、公聴会で「ビットコイン・ゲームストップ」に言及

Gensler氏は仮想通貨・ブロックチェーンの理解者であることから、新長官になる見込みを投資家に注目される。特に複数のビットコイン(BTC)ETF(上場投資信託)の申請事例に対して、SECが今後どのように判断するか重要なポイントになる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します