「金のインフレヘッジ効果が低下」ブラックロック担当者の分析

ゴールドのヘッジ効果が低下

資産運用最大手ブラックロック(BlackRock)のポートフォリオ・マネージャー(グローバル割当ファンド)を務めるRuss Koesterich氏は、他の資産に対するヘッジ手段として、金(ゴールド)の有効性が低下していると公式ブログで警鐘を鳴らした。中でも株式ヘッジとしては失敗していると指摘した。

投資ポートフォリオを構築する際に、他の資産、特に株式変動とのバランスを取るのに効果的であるという理由から、金を保有するのが典型的なケースだと言われている。

しかし、週次データを見ると金価格は、S&P500株価が1%上昇するごとに0.2%上昇するというと正の相関があるため、Koesterich氏はポートフォリオ構築という観点から、株に対する金のヘッジ効果が低いと主張。特にハイテク株に限定した場合、金との相関は約0.5となり、金とハイテク株の連動性が高まっていると指摘した。

インフレヘッジとしての有効性は

また、インフレヘッジ(物価上昇による通貨価値減少に対するリスク回避)という面でも、金の優位性は「やや誇張されている」とKoesterich氏は主張し、次のように述べた。

何世紀にもわたるような長期的なスパンでは、金は妥当な価値の貯蔵庫かもしれないが、直近の期間を含む、ほとんどの投資範囲においての信頼性は低下している。

一方、米ドルとは依然として強い負の相関を示していることから、ドルに対するヘッジとしては有効と考えられると同氏は述べている。その上で、ドルが下落するという強い見通しが立たない場合は、自分としては金の保有量を減らすとした。最後に、ヘッジとなる資産を求めている投資家に対しては、一言、「現金」という言葉で自身の見解を締めくくった。

ビットコイン投資を検討

Koesterich氏は株式や債券の利回り、また米ドルとの関係という側面から金投資について語ったが、デジタルゴールドとしての仮想通貨ビットコイン(BTC)については言及していない。

しかし、昨年12月末の時点における運用資産残高8.68兆ドル(約942兆円)という、世界最大の資産運用会社ブラックロックはビットコイン市場への参入に向けて触手を動かし始めている。

昨年末からCEOやCTO(最高投資責任者)のビットコインに対する前向きな発言が報道されていたが、今年に入り、二つのファンドを通じてビットコイン先物の運用を許可したことが、米証券取引委員会(SEC)に提出した目論見書から明らかになった。

関連:資産運用最大手のブラックロック、ビットコイン先物の運用を許可

先月半ばには、Rick Rieder CTOが米CNBCの金融番組に出演し、ブラックロックがビットコイン投資を検討していることを明言。Rieder氏は、昨年11月、ビットコイン強気派ではないとしながらも、現物の金に比べ、機能性の面で多くの利点を有するビットコインは、かなりの割合で金の代わりになる可能性があるとコメントしている。

関連:資産運用最大手ブラックロック、ビットコイン投資を検討へ

なお、ブラックロックは、企業の準備資産としてビットコイン購入に先鞭をつけ、現在、約9万1064BTCを保有する米MicroStrategy社の筆頭株主でもある。先月SECに提出された書類によると、その保有割合は16.3%に上る。

ビットコインがゴールドに置き換わる?

ビットコイン投資に関心を示すゴールド支持派も増えているようだ。

米投資企業DoubleLine CapitalのJeffrey Gundlach最高経営責任者は、ビットコインに否定的な考えを一転させ、「魅力的な資産」になる可能性があるとして、ビットコイン投資の有用性を認める発言をした。

関連:ゴールド支持派の米投資企業CEO、ビットコイン市場の見方に変化

また、米ブルームバーグのアナリストMike McGlone氏は、3月8日、投資ポートフォリオにおける価値の保存手段として、ビットコインがゴールドに置き換わるペースが加速してきたと指摘した。

関連:「ビットコインがゴールドに置き換わるペース加速」ブルームバーグのアナリストがデータ考察

さらに、直近では、テクニカル的な見通しとして金市場は短期的には回復する可能性が高いが、長期的には「休息期間」に入ると予測。金の上げ幅はレジスタンスラインと「新参者ビットコイン」によって制限されている、とツイートした。

反対意見

なお、Koesterich氏の金に対する見解についてはブルームバーグも報道しているが、「金価格を抑制するための、協調的な政治努力のようにみえる」と批判する声も上がっている。「なぜ、S&P500が最低でも50%過大評価されていることについて、誰も話そうとしないのだろうか」などの反論が見られた。

デジタルゴールドとしてビットコインが、長い歴史を持つ金市場を圧倒していくのか、前代未聞の大規模な金融緩和が継続する中で、共存共栄していくのかについては、活発な議論が交わされているようだ。私たちは、今、まさに金融の歴史が動く大きな転換点を目の当たりにしているのではないだろうか。

著者:幸田直子
参考:BlackRock , Bloomberg

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します