韓大手取引所「Bithumb」スイスでICO実施か|韓国はICO規制緩和へ

Bithumbが今年中にICOを実施か
韓国の最大手取引所Bithumbが「Bithumb Coin」のリリースを計画中であることを公表しました。トークン2種類の発行計画を明らかにしていますが、トークンの用途など詳細については不明です。
韓国企業のICO実施と規制当局の対応
同国の大手IT企業Kakaoも、同様に国外でICOを実施予定であると今年初旬に発表しています。国益の国外流出を懸念した韓国規制当局は、自国内でのICO実施を緩和・合法化する意向を示しています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

Bithumbが2018年中にICO実施か

韓国大手メディアの「News1」がBithumbへの取材を行い、同取引所が「Bithumb Coin」のリリースを計画中であることが明らかにされました。

Bithumbは、独自通貨として2種類のトークンを発行することを計画していることを公表しましたが、そのトークンの用途など、その他の詳細については明らかにしていません。

過去には、BinanceやKucoin、Huobiといった世界規模の大手取引所が「独自の仮想通貨」を発行、取引手数料の減額などの特典を付与した事例もあります。

自取引所での手数料減額が「Bithumb Coin」に付与されるかどうかは現時点では未定であり、同通貨に関するその他の情報の公表は、ICOへの準備が整うまでは控えるとしています。

Bithumbは、ICOの公募は考えておらず、機関投資家・投資機関をターゲットとしたクローズドな「プライベートセール」を行う意向としています。

特定の投資家・機関のみを対象にトークンセールが行われた例としては、大型ICOを実施したTelegramが挙げられます。

CoinPostの関連記事

現時点でTelegramはICOで.5億(約892億円)を調達したことを発表
TelegramはICOで.5億(約892億円)を調達したとのニュースが広まっています。Telegramはその資金調達の目的として、TONブロックチェーンの開発および、Telegramメッセンジャーの維持、発展を挙げています。

韓国企業のICO

韓国は、仮想通貨業界の中でも特に大きな盛り上がりを見せている先進国の一つであり、国内の大手IT企業として知られるKakaoも、同様に「国外でICOを実施する可能性が高い」と今年初旬に発表しています。

CoinPostの関連記事

韓国最大のメッセージアプリ:カカオトークが独自仮想通貨発行のICOを検討中
カカオ社はICOを通じて独自仮想通貨「カカオコイン」の発売を検討中です。3月20日に行われる記者会見で、計画の概要を説明するため、具体的なロードマップを発表する予定です。国内ICO禁止を発表した韓国の金融規制当局の動向が注目されています。

規制のかかる韓国国内でのICO実施は自由度が低いため、ICOを積極的に推進する他国で行おうとするケースが散見されます。

Kakao社は、自社が保有するブロックチェーン・ベンチャーの拠点を「スイス」に移転し、関連会社を分社化することを提案しました。

KakaoのICO実施やブロックチェーン開発は、”数十億ドル(数千億円)規模の資金”を動かすと期待されており、開発の拠点をスイスに移転することは、韓国国内におけるブロックチェーン開発、ひいては韓国経済にとって大きな損失になりうると考えられます。

韓国規制当局の対応

韓国規制当局は、Kakao社のICO、およびブロックチェーン開発の重要性を十分認識しており、FSC(大韓民国金融委員会)はKakaoのICO実施の話を受け、「近い将来、韓国内でのICOを合法化・規制緩和を行う可能性」について発表しました。

CoinPostの関連記事

韓国金融規制機関:ICOの全面禁止を撤回、規制緩和を検討か
韓国のメディア「Korean Times」によると、韓国国内のICOによる資金調達が全面禁止されて約6ヶ月経過した現在、金融規制当局が「一定の条件を満たしたICOを容認する方向」に向けて、関係機関と協議中と報じています。

ある関係者は、韓国大手新聞の「Korea Times」に対し

規制当局は、税務機関や司法省、その他関連機関と議論を重ねており、ICO合法化のための明確な”ガイドライン策定”を計画している。

と語っています。

韓国政府は、ICOの合法化における「税制の規定」が最優先事項である他、

付加価値税、利得税の規定と同様に、取引所のライセンスによる認可についても議論が必要だ。

と、述べています。

South Korea’s Biggest Cryptocurrency Exchange to Conduct ICO in Switzerland

APRIL 21, 2018 12:28

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加