ビットコイン売却せずに資金調達可能に フィデリティの仮想通貨保管事業で新サービス

Silvergateの新動向

米Silvergate銀行が、ビットコイン担保ローンのサービス提供で、大手金融フィデリティの仮想通貨子会社FDA(Fidelity Digital Assets)と連携する方針を発表した。

Silvergate銀は暗号資産(仮想通貨)セクターに銀行サービスを提供する米有数の「クリプトフレンドリー」な金融機関として知られる。

ビットコイン担保ローンとは、Silvergate銀のローンサービス「SEN Leverage」にある仕組みで、機関顧客がビットコインを担保にしてローンを組むことができる。いわゆる、ビットコインを売却せずに資金を調達することが可能になるサービスだ。

今回の提携で、すでにFDAを利用しビットコイン(BTC)を預けている機関投資家はビットコインを移動させずにSilvergate銀のSEN Leverageを通してローンを組むことができるようになる。「ロングポジションを維持したい顧客はカストディプロバイダーを変更することなく、よりシームレスにローンを利用することができるようになった」と、同銀行は発表で説明した。

Silvergate銀が提携したカストディアンはコインベースカストディに続く2例目。異なるカストディアンと手を組むことによって、自社のビットコイン担保ローンサービスの事業拡大を図る。

SEN Leverageがローンチしたのは昨年1月で、機関投資家に提供する口座サービス「SEN」に加わって、その全体送金高は右肩上がりの状態にある。TheBlockが収集したデータによると、2020年Q4における送金高は約6.5兆円に及ぶ規模だ。

著者:菊谷ルイス
参考:Silvergate

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します