三菱UFJ:独自通貨MUFGコインでレジなし店舗実験|Amazon技術を利用

MUFGコインでレジなし店舗の実証実験
Amazonの認証技術を使って、MUFGコインのレジなし買い物決済の試みを始めたとロイターにて報じられています。
大手企業、銀行、政府の独自通貨発表相次ぐ
SBIの「Sコイン」、楽天の「楽天コイン」、韓国最大メッセージアプリのカカオトークの「カカオコイン」、サイバーエージェントなど、独自通貨が数多く発表済みです。

MUFGコインの実証実験

三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)が、世界最大手企業Amazonの認証技術を使ってレジなし買い物決済の試みを始めた、とロイター通信が報じました。

この実験には、MUFGの独自通貨「MUFGコイン」が使用されているとのことです。

Amazonは既にアメリカでレジなし店舗「Amazon GO」をオープン済みですが、MUFG自社でも認証実験を進めている模様です。

MUFGコインと取引所開設について

MUFGコインは、ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨の一種です。

1 MUFG=1 円となるべく価格を調整すると発表されています。

また、MUFGコインは、スマホアプリでの利用者間送金や、加盟店での決済などに使えるようになる模様です。

これに関連しMUFGは、独自の取引所を開設しそこでMUFGコインを取り扱う方針を明らかにしています。

更に、2018年度中に同コインを発行、取引所の開設を予定、といった内容が毎日新聞などで報じられています。

MUFGコインの事業アイディアコンテスト開催

三菱UFJ銀行は3月に、MUFGコインの用途を提案するコンテスト「Fintech Challenge 2018」を開催しました。

大賞となったのは、$NYAON(ニャオン)チームの「イノベーションのための報奨金プラットフォーム」というプロジェクトです。

このプロジェクトは、競技団体からの褒賞が少ない、マイナー競技アスリートなどを応援する目的を持っています。

アスリートの中で目標を達成し、クラウド投票により達成が認定された場合、スマートコントラクトによる自動コイン支払いがアスリートに実施される、というアイディアです。

またその他にも、混雑解消を促進するアイディア(混雑状況を伝え、オフピーク時に乗車でコイン付与アプリ)なども提案されています。

仮想通貨投資家たちにとって、現状ではMUFGコインは日本円とのペッグ通貨としてしか認識されていないため、独自性のあるサービスが求められます。

銀行や大手企業の独自通貨発表相次ぐ

政府、銀行、または大手企業で独自通貨の発表が相次いでいます。

AbemaTVなどメディア事業やCygamesなどのゲーム事業を抱える大手企業サイバーエージェントは、2019年に独自通貨の発行を予定しています。

同社は当初取引所の開設を予定していましたが、金融庁の取り締まり強化後、審査が長引くことを懸念し取りやめとなった模様です。

CoinPost関連記事

サイバーエージェント:2019年に独自通貨発行・取引所開設は断念
サイバーエージェントが独自の仮想通貨を発行するとBusiness Insider Japanが報じました。また、仮想通貨取引所CA bitcoinは開設断念となった模様です。金融庁の取り締まりが厳しくなったことにより、審査が長引くことを問題視したようです。

その他にも、SBIの「Sコイン」、楽天の「楽天コイン」、韓国最大メッセージアプリのカカオトークの「カカオコイン」など、大手企業が続々と独自通貨発行を発表しています。

また、政府や中央銀行による独自通貨検討も数多く、韓国の首都ソウルが独自仮想通貨「S-Coin」の発行を検討していることも話題になりました。

CoinPost関連記事

韓国の首都ソウルが独自仮想通貨「S-Coin」の発行を検討
ソウル市の市長であるPark Won-soon氏は、先日のCoinDesk Koreaとのインタビューにて、独自の仮想通貨である”S-Coin”の発行を検討していることを明らかにしました。

中央銀行の独自通貨が年内発行か?

分散型台帳開発を専門とするアメリカの企業R3が中心となった世界各国の金融事業者のコンソーシアム「R3コンソーシアム」でCBDC年内運用開始の可能性があると発表されました。

R3コンソーシアム調査部門のディレクターであるAntony Lewis氏は以下のように述べました。

CBDCの運用開始は2018年中に行われると私は考えています。

私たちは支払いに関する問題解決に取り組む権限を持つ、中央銀行と対話を行ってきました。

そして彼らは解決法の一つとして、ブロックチェーン型のプラットフォームを検討しているのです。

CoinPost関連記事

中央銀行発行のデジタル通貨CBDCが年内運用開始か|市場に与える影響は?
分散型台帳開発を専門とするアメリカの企業R3が中心となった世界各国の金融事業者のコンソーシアム、R3コンソーシアムが、先日行われたDeconomyにて、CBDC年内運用開始の可能性があると発表しました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加