CoinPostで今最も読まれています

ALIS β版リリース記念イベント:参加レポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ALIS CMO水澤氏によるICOの概況、活動報告
共通の価値が成立しにくい社会となっており「価値の多様化」が見受けられる中、ALISチームが重点を置いていることは、体験やプロセスから作られる主観的な納得解を生み出し価値を作り出すことでした。そして辿りついた先が「コミュニティとの価値共創」でした。
安氏によるALISのビジョン ・ロードマップ紹介
社会関係資本が注目される時代になってくるため、ALISは「信頼の可視化で人のつながりを滑らかにする」ことをビジョンに掲げて進んでいくそうです。

今回は「ALISクローズドβ版公開記念イベント」にCoinPost編集部も参加させていただきました。

豪華なゲスト登壇者も出席しての公開イベントとなり、イベント開催前から多方面より話題になっておりました。

会場内の雰囲気そして記念イベントからコミュニティミートアップまでをまとめました。

CoinPost関連記事

⽇本初の分散型ソーシャルメディアプラットフォームALISとは?
ALISとは⽇本初のブロックチェーン技術を用いた分散型ソーシャルメディアプラットフォームです。広告を排除することで本当に価値のあるコンテンツが発⾒されやすいソーシャルメディアプラットフォームの創出を目指しています。

CoinPost編集部が初めてALISのみなさんにお会いしたのは2017年12月末に行われたALIS東京ミートアップです。

そして4ヵ月たった4月23日、ALISクローズドβ版がこのイベントを記念にリリースされることとなりました。

コミュニティを大事にするALISですが、さらにコミュニティが多くなり支援、応援する方々もこの4ヵ月で増えた印象があります。

ALISのクローズドβ版へは こちらからアクセスできます。

CoinPost参考記事

【Vol.1】 チームALISに聞く、ALISプロジェクトの未来
「情報格差や資本格差をなくすという共通テーマ」の元、出来上がったプロジェクトがALISです。ALIS(アリス)プロジェクトが立ち上がったきっかけから今後の予定まで、CEO安氏とCMO水澤氏へCoinPostが独占インタビューしました。
[Vol.2]チームALISに聞く、トークンエコノミーの未来・日本ICO業界について
安氏と水澤氏にALISチームが考えるトークンエコノミーの未来について聞きました。またICOを行った日本からの先駆者としてICOについて詳しくインタビューさせていただきました。日本でのICOで成功させるためにはどうすべきか、今後ICOを控える企業にも必見です。

ALISのCEO安氏による挨拶

350名ほどの定員数がほぼ満席となっており、非常に会場は熱気に包まれていました。

また、ALISならではかもしれませんが、ブログなどを書かれる方が多いためか、会場では写真をとる方々、パソコンを開いてメモを取る方々が、普通の仮想通貨イベントより更に多く見られました。

安氏がイベント冒頭挨拶で登場すると同時に大きな拍手が起こり、イベントが開催されました。

ALIS CMO水澤氏によるICOの概況、活動報告

次に登場したのがALISのCMOである水澤氏です。

ALISの「歩み」「コミュニティとの価値共創プロセス」そしてまず大前提として世の中の「価値変化」について語っていただきました。

価値の変化

共通の価値が成立しにくい社会となっており「価値の多様化」が見受けられます。

そんな中、ALISチームが思ったことは「体験やプロセスから作られる主観的な納得解」でした。

これまでの価値そして、これからの価値創造が図で説明されています。

そしてALISチームがたどり着いた先は「コミュニティとの価値共創」でした。

ALISの価値共創の定義として「中長期的な関係を築くことにより相互に期待を超えた新しい価値が生まれること」を掲げています。

ここで「コミュニティとの価値共創」にてALISが意識していることは活動の透明性です。

ALISが実施している取り組みとしてALISチームのタスクをTrello にて管理/公開し、そしてTwitter にて毎日の活動報告を実施しています。

また、今回のミートアップのように相互理解を測るためにイベントやミートアップの開催を大事にしているとのことでした。

こうした結果、コミュニティがALISチームを応援してくれるようになり、コミュニティが主体になってオフ会が開催されたり、漫画連載などが企画で上がったりと、コミュニティの方々が非公式でALISを盛り上げる活動を行ってくれるまでに成長したそうです。

また、CEO安氏が 海外へミートアップを行っており、海外ミートアップもアンバサダーの方々がオランダ、ロンドン、サンフランシスコにてミートアップを率先して運営し成功させています。

安氏によるALISのビジョン・ロードマップ紹介

ALISのビジョンは「信頼の可視化で人のつながりを滑らかにする」ことです。

なぜ、このビジョンを掲げるのか?という問いに対し、ALIS CEO 安氏は今後間違いなく社会関係資本が注目される時代になってくると語りました。

そして、社会関係資本を広げるためには「信頼」が必要としています。

そのために信頼を可視化して、皆が見える環境を作る必要がある、と安氏は語ります。

可視化をして環境を作る際に、トークンエコノミーを用いたコミュニティとのサービス共創開発が、ALISの目指す先のようです。

それが確立されることで、価値を提供する方々へ報酬が配られて、非中央集権の形で自立した経済圏が生まれる、と語りました。

これにより生まれるものは株式の利益ではなく、コミュニティの価値をゴールとした運営です。

今後これらのビジョンを実現するまでのロードマップは、下記の図のようになっています。

ALISはSNSというプラットフォームを事業として選んだため、

「記事を書く・読む」→「記事を評価する・される」→「トークン獲得」→「記事を書く・読む」

のサイクルを作る必要があります。

ここで必要になってくるのが3つのマイルストーンとなります。

①使い心地の磨き込み→多くの人に記事を書いてもらう仕組みづくり

記事は、書き手が非公開、公開を設定できるのですが、ALISトークンを支払った方に対しては非公開記事が見れるような設定も出来る仕組みを考えているようです。

また、将来的に、「いいね」を多くもらう、もしくは記事投稿頻度が高いなど、ALISの中で信頼度を築いた方は、ALISトークンを支払わずに非公開記事も見ることができるような仕組みも考えているそうです。

(該当発言は動画の9:38~より)

また、トークンを支払い記事リクエストを送ることができるそうです。

書き手はそれを承諾し、記事を書くことを承諾し記事公開を行うことでより多くの方がALISを使いたい環境を作っていきます。(書くモチベーションをキープする)

②評価ロジックの磨き込み

読み手、書き手の話しの話で、ランク制度となっています。

評価制度を設けることを信頼度に応じてボーナストークンの発行が行われます。

また、このランクを3ヵ月に1回ほどリセットをするなどをして、途中からALISプラットフォームを使う人へも平等にこのロジックを適応することが可能となります。

また、読み手が、該当記事を探したい、でも見つからないという時に、トークンを使い記事探索を委託することができます。

その際にトークンが使われて、委託した人が記事を見つけてくれたということで、ALIS経済圏上でのその方への評価/信頼度が上がり、よりボーナストークンが支払われるような仕組みも考えているそうです。

③トークン価値の上昇

トークン価値の上昇には需要と供給のバランスで決まります。

ではどのように変わるのかは流動性が鍵になって来る、と安氏は述べました。

ベースは投げ銭機能をつけることで成り立たせるそうです。

そして将来的にはALIS内だけでなくALIS外でも使えるようにしていく予定とのことです。

APIを公開し誰でも利用出来る様にするか、WEBメディアのみならず、リアル店舗決済にAPIを導入していくことも想定しているそうです。

最後にALIS CEO 安氏は「信頼の可視化を目指し、コミュニティの方々とトークンエコノミーの経済圏を共創することを目指す」と締めくくりました。

リリースイベントの登壇者講演

株式会社サイバーエージェントビットコイン代表取締役社長卜部氏による講演が行われました。

サイバーエージェントグループの仮想通貨取引所であるCA bitcoinを開設することを断念し、現在は2019年を目処に独自通貨の発行に向けて取り組んでいるとのことです。

取引所の開設断念は「金融庁の取り締まり強化や他者との競争に遅れをとってしまう」ということが理由であるようです。

サイバーエージェント:2019年に独自通貨発行・取引所開設は断念
サイバーエージェントが独自の仮想通貨を発行するとBusiness Insider Japanが報じました。また、仮想通貨取引所CA bitcoinは開設断念となった模様です。金融庁の取り締まりが厳しくなったことにより、審査が長引くことを問題視したようです。

アンダーソン・毛利・友常法律事務所弁護士、河合氏による基調講演

自主規制団体の法律顧問を務める河合氏からは、日本の仮想通貨法整備に関する今後の展望について語っていただきました。

自主規制団体としては、法制度の見直しへの動き、そして仮想通貨交換業等に関する研究会の設置を実施していくそうです。

パネルディスカッション

パネルディスカッションでは、トークンエコノミーが日本で根付くために必要なこととは、と題し、以下のメンバーでのディスカッションが行われました。

  • 卜部 宏樹氏(サイバーエージェントビットコイン社長)
  • 河合 健 (アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士)
  • 藤本 真衣(Miss Bitcoin、株式会社グラコネ代表取締役)
  • 安昌浩(株式会社ALIS・CEO)

強調されていたのは、日本からより多くの仮想通貨、ブロックチェーンプレイヤーが出てきて欲しいということでした。

規制状況が整っていないため、中々行動に移し難い状況ですが、今からアイデアや人材を集め、即座に始められるように準備することが大切と述べていました。

コミュニティミートアップ

イベントの後にはコミュニティミートアップが行われました。

CoinPost編集部も参加させていただきました。

会場では多くの方々とお話をさせていただきました。

1人で参加しました、という方も多かったのですが、ALISが好きだということで、初参加同士でも打ち解け会話を楽しんでいた方が多数いらっしゃったことが印象的です。

まとめ

今回のイベントは、ALISチームの人柄、そしてコミュニティの皆さんのALIS愛が伝わるイベントでした。

CoinPost編集部は登壇者とお話する機会がありましたが、各登壇者共にALISを応援しており、日本のプロダクトとして頑張って欲しいと語りました。

今後も定期的にミートアップなどコミュニティとの交流会が開かれるかと思います。

今回イベントに参加できなかった人はぜひ次回参加してみてはいかがでしょうか?

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/01 土曜日
17:20
米アマゾン、NFTサービスの開発は最終段階か
eコマース大手米アマゾンが密かに準備していると噂されるNFTマーケットプレイスについて、開発が最終段階に入ったと報じられている。アマゾンはBeepleやPudgy Penguinsといった人気NFTコレクションと提携しているという。
13:00
アービトラム財団の設立投票で反対の声
アービトラムの仮想通貨ARBのエアドロップを経て、分散型自律組織を管理する組織「アービトラム財団」設立に向けた提案の投票が開始された。予算配分や管理体制に不透明な点があると反対の声も上がる中、87%の賛成票を集めている。
12:00
ロシア下院副議長「露中印が新たな共通通貨システムを開発すべき」
ロシアのアレクサンドル・ババコフ下院副議長は、インド、ロシア、中国は、新しい共通通貨の下に新たな金融関係を構築すべきだと述べた。米ドルやユーロの覇権に対抗する格好だ。
12:00
アニモカ傘下のゲーム制作企業Darewiseとは|Life Beyondのエコシステムも紹介
Darewiseはアニモカブランズ傘下のゲーム制作会社です。「Life Beyond」はDarewiseが開発中のMMOであり、ユーザーは「Dolos」と呼ばれる惑星でエイリアンと戦い、社会生活を営むことができます。遊びながら稼ぐP2Eも可能となる予定です。
11:00
イタリア当局がChatGPTをブロック
イタリアのデータ保護当局がAI言語モデル「ChatGPT」に対し、EUの一般データ保護規則違反の疑いがあるとして一時的に制限を課したことがわかった。開発企業米OpenAI社は一部有料ユーザーのクレジットカード番号(下4桁)や住所などの個人情報が漏洩したことを認めていた。
10:15
仮想通貨取引所Bittrex、米国での事業を閉鎖へ
仮想通貨取引所Bittrexは、米国の事業を4月30日に閉鎖すると発表した。規制の不透明さを主な理由として挙げている。なお、グローバル版の事業は通常通り続ける。
09:30
米政府、計1,560億円相当のBTCを23年中に売却予定
米政府は、ダークウェブ「シルクロード」に関連する捜査で押収した仮想通貨ビットコインについて、2023年に4回に分けて合計1,560億円相当を売却する予定であることがわかった。
09:00
「GM Radio」 次回は仮想通貨送金の効率化を目指す「Superfluid」らが参加
グローバル版CoinPostによる第18回GM Radioは、4月3日の21:00からツイッタースペースで配信予定。ゲストに仮想通貨プロトコルを開発するConnextとSuperfluidを招待する。
08:20
ナスダック・AI関連株大幅上昇 米インフレ鈍化を好感
本日のNYダウは続伸し+415ドルで取引を終えた。ナスダックやS&P500もインフレ鈍化の継続を示す指標を受けて続伸した。AI関連株は大幅上昇を見せた。
03/31 金曜日
17:01
ETHGlobal Tokyo、世界的ハッカソンイベントを東京で開催へ
ETHGlobal Tokyoという世界的ハッカソンイベントが、東京で開催されます。ハッカソンとは、エンジニアやプログラマーが集結し、短期間でプロダクトを開発するイベントのこと。ETHGlobal TokyoではWeb3市場の知識を持たない開発者でも楽しめるような取り組みも充実しています。
16:34
DEA、国内電力大手の合弁会社とMOU締結
NFTゲーム開発・運用を展開するDEAは、「電力アセットNFT」を活用した社会貢献ゲームを検討する目的でGGG社とMoUを締結したことを発表した。GGGは東京電力パワーグリッドや中部電力等の合弁会社。電力アセットNFTは4月3日に発売予定。
16:32
ネクソン、「Oasys」バリデータに参画 
国内発のゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」のバリデータとして、大手ゲーム開発企業のネクソンが参加することが明らかになった。Oasysは第二群バリデーターとして計4社を追加予定。KDDI、ソフトバンクの参画がこれまでに発表されており、残り1社の公開が期待される。
15:04
加納裕三氏、仮想通貨取引所bitFlyerの社長復帰へ
国内有数の暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyer創業者の加納裕三氏が代表取締役CEOに復帰することが発表された。今後は経営改革を加速し、株式市場での新規株式公開(IPO)を目指す。
13:40
NFTゲーム「アクシーインフィニティ」開発会社、5つのゲームスタジオと提携
人気NFTゲーム「アクシーインフィニティ」を開発するSky Mavisは、「Ronin」ブロックチェーンを大幅にアップグレードし、5つのゲームスタジオと提携して、Roninエコシステムを拡大すると発表した。
12:43
AI画像生成ツールMidjourney、無料版を一時停止
AI画像生成ツールMidjourneyは、新規ユーザーの急増や無料トライアルの乱用を受け、無料トライアル版へのアクセスを一時停止した。当初、この決定は拡散されたディープフェイク画像との関連が疑われたが、新規ユーザーの流入によりサービスに支障が出たことが原因だという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア