CoinPostで今最も読まれています

【Vol.1】 チームALISに聞く、ALISプロジェクトの未来

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ALIS(アリス)プロジェクトが立ち上がったきっかけ
A.「情報格差や資本格差をなくすという共通テーマ」の元、出来上がったプロジェクトがALISです。
価値の可視化を形成するロジックとは?
A.「信頼できる人が信頼できるといったものは信頼できる」というロジックです。

トークンを報酬として利用することにより従来にはない方法で「質の高い記事」や「信頼できる個人」に素早くリーチできることを実現するのがALISチームの目指す次世代ソーシャルメディアです。

世の中は情報量で溢れており、人が消費できる情報量に限界があります。

そこでALISはユーザーからの情報の価値の可視化の実現を目指します。

今回は、ALIS、CEO/安 昌浩氏、CMO/水澤 貴氏へのインタビュー記事を掲載いたします。長時間のインタビューにご協力頂いた安氏、水澤氏に御礼申し上げます。

※インタビューは2017年12月27日に行われたものです。

次世代ソーシャルメディアALISとは?

⽇本初の分散型ソーシャルメディアプラットフォームALISとは?
ALISとは⽇本初のブロックチェーン技術を用いた分散型ソーシャルメディアプラットフォームです。広告を排除することで本当に価値のあるコンテンツが発⾒されやすいソーシャルメディアプラットフォームの創出を目指しています。

チームALISに聞く:46の質問

チームALISに聞く:46の質問
ALIS(アリス)とは⽇本初のブロックチェーン技術を用いた分散型ソーシャルメディアプラットフォームです。2017年12月2018年1月のALISMeetupQAセッションをまとめました。ALISについて知りたい方はこちらをご覧ください。今後のALISにも期待です。

ALISの立ち上げについて

Q. 自己紹介をお願いします。

安氏

ALIS CEOの安と申します。

もともとはリクルートで商品企画や新規事業を行っていましたが、2017年3月くらいにブロックチェーンの勉強会に参加して、真髄に触れた気がして、すぐにブロックチェーン業界に飛びこもうと思い、ALISを立ち上げました。

水澤氏

ALISでCMOをしている水澤です。

主にマーケティングと事業開発を担当しています。

リクルートに勤務していた時、安と石井と共同でALISを立ち上げました。

学生時代からベンチャー企業を立ち上げ、その後ベネッセで高校生向けのSNSを作り、新規事業をしながら自分でユーザーを集めるといったような経験をしてきました。

Q. メンバーのほとんどが元同僚と伺いましたが、ALISを立ち上げようとしたきっかけはなんですか?

安氏

CTOの石井が4月に辞めたのがきっかけなんですが、5月には僕と水澤はブロックチェーンにのめり込んでいました。

ブロックチェーンで何かをするときに一番大事になるエンジニアの候補として、4月に辞めたCTOの石井がいたので、5月に彼を誘ってみたら、やりましょうということになりました。

水澤氏

その時、僕は実は別のプロジェクトに参画中だったのですが、ALISプロジェクトの方が絶対に楽しいなということになり、3人でALISを立ち上げました。

Q. メディアコンテンツを作ろうと思い立ったきっかけはなんですか?

安氏

情報格差や資本格差をなくすというのが3人の共通テーマとしてありました。

人と人とのつながりは、そういった格差を埋める役割を果たすと思いました。また、当時の日本のWebメディアは酷くて、詐欺コインの記事がGoogle検索のトップに出てくるといったことがあったので、これはWebメディアのあり方としておかしいと思い、6月1、2週目くらいにはソーシャルメディアをやろうと決めていました。

水澤氏

トークンの設計をどうするのかといった議論に時間をかけました。

ALISのコミュニティ

Q.コミュニティを築く上で大事にされていることはなんですか?

水澤氏

透明性と誠実さの徹底です。

みんなが知りたいと思っているような情報が出ていないプロジェクトが多いので、我々はそういった当たり前のことをやるだけで差別化になると考えていました。

事業開発をやっていて、起こったことをすぐにslackでシェアすることなどは当たり前の文化としてチームに根付いていたのでALISチームは情報をオープンにすることに抵抗がなかったというのも大きいかもしれません。

Q. 他の企業にはないやり方でツイッターの運営をされていますが (ALISは毎日の進行状況をTwitterで公開)

安氏

ICOを思い立った去年の5月当時、多くの仮想通貨界隈のプレイヤーは情報を隠す、コミュニケーションをとらない、一方通行といったような旧態然とした企業のやり方がすごく多かったと記憶しております。

しかし、一部のプレイヤーはP2Pやオープンソース文化を活かしたとても素晴らしいコミュニケーションを取っており非常に刺激をいただいた結果、僕達自身が投資家としてみても一番良いと思うプロジェクトを体現するようにしています。

全部で200近くのプロジェクトを分析しながら、どういうコミュニティを運営しているのかを見て、ユーザーとして歯がゆいと感じる部分を潰していった結果、ALISの運営の方針を固めました。

水澤氏

マーケティング観点では、ソーシャルメディアマーケティングやCRMの分野ですでに成功事例は数多く出ていましたので、特別なことをやったとは思っていません。

ただ、チームとして良いプロダクトを作るために良質なフィードバックをくれるコミュニティの存在はALISが成長するために重要だという点は、チーム全員で共通認識を持てるように徹底していました。

ALISプロジェクトの今後の展開

Q. 記事投稿の分野は何から始めて、どのように広げていきますか?

安氏

最初は仮想通貨の分野から始めようと思います。次は、レストラン、美容、旅行など、口コミが生きる分野に広げていきたいです。

Q. クローズドβ版が公開されるのは4月からとお聞きしましたが、オープンβ版はいつ頃公開される予定ですか?

安氏

2018年10月です。

Q. より多くの取引所上場を目指すのはプロダクトが完成してからだと伺いましたが、2018年10月からということですか?

水澤氏

4月以降です。すでに幾つかの取引所には上場していますが、大手の取引所にはプロダクトが完成してから適切なタイミングで上場していきたいと思っています。

Q. (東京ミートアップ質疑応答より検討中と回答されていた) アダルトコンテンツを展開していく予定は?

安氏

ALISでは展開していかないと思います。アダルト分野で信頼できる人がどれだけ必要かということが見えていないので。あと、法律の問題もあります。

水澤氏

マーケティンングの観点では魅力的ですが、ALISの思想に合っているかどうかが判断基準になっています。

みなさんが求めているものを把握して、良いメディアを作っていくことにフォーカスしたいと思っています。

価値の可視化

Q. ALISはどのようなロジックに基づいて価値の可視化を行っていくのですか?

安氏

価値があるものをどう見出すかという方法は複数ありますが、我々が信じているのは、「信頼できる人が信頼できるといったものは信頼できる」というロジックです。

僕たちはもともと人のつながりについて研究してきました。例えば、人材採用では、広告サイトなどで100人集めて選考するよりも、従業員に100人紹介してもらった方が圧倒的に選考通過率が高いです。

したがって、従業員を信頼できる人と見立てると、彼らが選んできた人たちもまた信頼できるということになります。

これをALISプロジェクトの根本思想に据えていて、信頼できる記事を書ける人と、そういう記事を見つけ出せる人が信頼できる記事を見つけ出し、それを全員が閲覧するという構造を実現しようと考えています。

水澤氏

あとは、所属するコミュニティによって信頼度のバランスをどうとっていくかということをテストしていかなければならないと思っています。

仮説はありますが、実際に試さないと明らかにならない部分も多いので、クローズドβ版をリリースした後に複数ロジックの組み合わせをテストしながら磨いていく予定です。

STEEMについて

Q. STEEMが同じようなサービスを提供していますが、STEEMの問題点は何ですか?

安氏

STEEMでは、コミュニティが英語圏で醸成されてしまっているので、日本人が入りづらいと思います。

また、STEEMのトークンは3種類あるので、今後拡大していくときに、リテラシーが低いユーザーが参加するメディアではなくなると思います。

水澤氏

STEEMの場合はすでに認知されていてユーザーも多くいるので、日本人ユーザーが今から参入してゲームのルールを変えるほどの影響力を簡単には持てないと感じます。

しかし、メディアとしては素晴らしいと思います。

安氏

STEEMは、仮想通貨界隈で最もリアルな世界にブロックチェーンを導入しているプレイヤーであると思います。

ALISの今後

Q. ALISの2018年の目標は何ですか?

安氏

ALISを用いて信頼の可視化ロジックを皆さんが納得できるものに仕立てることです。もう一つは、日本のブロックチェーン業界を盛り上げることです。

水澤氏

ALISの場合、まだプロダクトがないので、僕たちが今語っていることが実証されていません。

それを実現して、ALISを応援してくれている方々が良かったと思ってもらえるようには最低限していきたいです。

Q. 2018年に重大発表はありますか?

安氏

トークン価格に影響が及びそうな内容ですので、大変申し訳ございませんが言及を控えさせてください。

しかし、プロジェクトとしてはもちろん全力投球する一年にする所存です。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
日本の伝統文化「熊手」とNFTを融合、XYZAが新プロジェクトを発足
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧