CoinPostで今最も読まれています

Crypto.com(クリプトドットコム)独自チェーンがNFT生成や譲渡に対応 コミュニティ投票にて可決・実施

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFT生成や取引が独自チェーン上で可能に

今年の3月にNFTプラットフォームを開設したCrypto.com(クリプトドットコム)が、6月3日、独自チェーンである「Crypto.org Chain」が、NFT対応となったことを発表した。

今回の発表により、Crypto.org Chain上でのNFT生成・焼却・譲渡の一連のオペレーションがネイティブサポートされることになった。これまで「Crypto.com/NFT」で配布・販売されていたNFTが、オンチェーンで取引できるようになることになった。今後ユーザーは、Crypto.com/NFTにサインアップし、クレジットカードやデビットカードを登録すれば、NFTの販売及び取引ができるようになる。

現在Crypto.comは、Crypto.com/NFTとCrypto.com DeFiウォレットの統合に取り組んでおり、今後数週間の内にNFTの送金・取引が導入される見通しだ。

関連:Crypto.comがNFTプラットフォーム立ち上げ、有名ラッパーSnoop Doggなど著名アーティストも参加

ロードマップで今後予定される五段階のアップデート

また今回の発表は「Canis Major」と銘打たれたされたフェーズ1のアップデートであり、今後、Crypto.comのロードマップではフェーズ5までが予定されている。それぞれのフェーズでは、以下のようなアップデートが順次実施される予定だ。

  • フェーズ1「Canis Major」:オンチェーンでのNFT生成・焼却・譲渡をサポート(今回)
  • フェーズ2「DRACO II」:ネイティブコイン発行/イーサリアムのスマートコントラクトにサイドチェーンでの接続
  • フェーズ3「TUCANA III」:UniswapベースのAMM対応
  • フェーズ4「HYDRUS I」:「CosmWasm」によるオンチェーンのスマートコントラクト対応
  • フェーズ5「CARINA III」:「Chainlink」や「Band」といったオラクル・プロトコルを用いてのDeFi本格運用

コミュニティ投票によるガバナンス

Crypto.org Chainは、オープンソースかつ、パーミッションレスを特徴とするCrypto.com独自のパブリックブロックチェーンであり、専用アプリを用いた決済システムを導入している。今年3月25日に正式ローンチした。

今回のCanis Majorアップデートに至った背景としては、5月18日に提案された「プロポーザル4」に対するコミュニティ投票の結果によるものだ。ステークホルダーであるCROトークン保持者の99.9%が「Yes」と投票したことで、可決・実施されている。

Crypto.comのガバナンスモデルとしては、CROトークン保有者にプロポーザルの提案・投票権が付与され、投票を通して民主的に運営方針を決める方式が用いられている。ちなみに前回の5月4日に提案された、プロポーザル3で行われたブロックタイム短縮に関わる投票は、「No」が57.5%と過半数を上回り、否決されている。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧