BMWやGM含む世界自動車メーカーがブロックチェーン研究チームを発足|IOTA財団も参画

世界有数の自動車メーカーを中心にブロックチェーン研究チームを発足
BMWや、ゼネラルモーターズ、Ford、Renaultなどの世界を代表する自動車メーカーが、自動車業界にブロックチェーンを取り入れるべく、MOBIと呼ばれる共同体を発足しました。その共同体は、30以上のメンバーで構成され、その中には、Hyperledgerや、IBM、IOTAなども含まれています。
MOBIの目的
MOBIは、「ブロックチェーン技術を使用する事で、自動車をより安全に、安価で、多くの人々に利用してもらう」を最大の目標としています。その研究範囲は決済、データ追跡、供給管理、消費者金融、価格を始め、より未来的な技術として期待されている自動運転、ライドシェア・システムなど多岐に渡ります。

世界有数の自動車メーカーがブロックチェーン研究チームを発足

世界を牽引する複数の自動車メーカーが、自動車業界にブロックチェーン技術を適用することを目的とした共同体であるMobility Open Blockchain Initiative(以下、MOBI)を発足しました。

世界最大級の自動車メーカーは、過去最大の共同体とも言えるMOBIの発足を発表し、ブロックチェーン技術を自動車業界に適用するため取り組んでいく模様です。

BMWや、ゼネラルモーターズ、Ford、Renaultは、自動車業界、モビリティ分野において、ブロックチェーンの可能性を模索していくようです。

MOBIは、自動車分野におけるブロックチェーン技術の使用を模索、発展させることを目的とした共同体です。

その共同体の漠然とした目標は、「ブロックチェーン技術を使用する事で、交通を、より安全、安価で、さらに多くの人々に利用してもらう」というものです。

MOBIによると、その研究範囲は決済、データ追跡、供給管理、消費者金融、価格を始め、より未来的な技術として期待される自動運転、ライドシェア・システムにまで及びます。

同団体は、異なるブランドの自動車間でも容易に、そのブロックチェーン基盤のサービスを利用でき、互換性を持つシステムを構築できるように取り組んでいく方針です。

MOBIは、Bosch、Blockchain at Berkeley、Hyperledger、Fetch.ai、IBM、IOTA(アイオタ)、ZF Friedrichshafenなど、30以上のメンバーによって構成されています。

そして、この共同体はToyota Research Instituteの前CFO及び、モビリティサービス・ディレクターを務めたChris Ballinger氏(以下、Ballinger氏)によって指揮が取られます。

ブロックチェーンは、ネットワーク効果が顕著に表れる技術であるとBallinger氏は語りました。

ブロックチェーン技術は、自動車業界そのものや、消費者の自動車の購入・使用方法を再定義しようとしています。そして、その先陣を切っていかなければ、すぐに乗り遅れてしまうのです。

その組織の役員には、ConsenSysの創設者及び、イーサリアムの共同創設者であるJoseph Lubin氏や、Hyperledgerの幹部ディレクターを務めるBrian Behlendorf氏も名を連ねています。

消費者の通行料や、電気自動車の充電料支払い、そして、自動車や、サプライチェーン上の部品の追跡などの公共記録の作成など、自動車業界においてのブロックチェーンの潜在的実用性は非常に多く存在しています。

Ballinger氏はMOBIの存在意義について、以下のように述べています。

自動車製造者やサプライヤー、スタートアップ、政府機関をまとめる事で、ビジネスや消費者、コミュニティのブロックチェーン技術の採用が加速するでしょう。

しかし、MOBIは、ブロックチェーン技術を自動車分野に応用しようと試みた最初の組織ではありません。

例えば、トヨタ自動車は既にブロックチェーンに関する独自の研究を行なっています。

その他にも、RenaultはR3コンソーシアムに参加し、DaimlerはLinux FoundationのHyperledgerプロジェクトに参画しています。

CoinPostの関連記事
ベンツが独自仮想通貨発行|自動車メーカーのブロックチェーン利用相次ぐ
同社は、独自仮想通貨である「MobiCoin」を発行するプロジェクトを発表しました。ベンツを擁するダイムラー社だけでなく、BMW、ポルシェ、フォルクスワーゲン、ボッシュといった主要メーカーもブロックチェーン技術へ大きな関心を寄せています。

IOTA財団の参入

IOTA財団は2日、自社ブログでMOBIへの参入について言及しました。

同財団はMOBIへの加入により、他のグローバル企業と提携して安全で安価なモビリティ体験を追求する事を目指しています。

その具体例として、以下に列挙するようなプロジェクトに参画する予定であるとしています。

  • 自動車の保有情報や、歴代の所有情報のトラッキング
  • サプライチェーンの追跡、透明性や効率の向上
  • 自動運転や支払いシステム
  • 安全なモビリティエコシステムの商業化
  • 自動・手動運転のデータ収集
  • カーシェアリングやライドシェアリング
  • 自動車の価格や保険、エネルギー、交通渋滞、環境汚染などへの適用

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加