世界初、ビットコインを国の通貨に?専門家に重要性を聞いた 【動画解説】 ゲスト:bitFlyer Blockchain 代表取締役 加納裕三氏

エルサルバドル関連ニュースの重要性

中米エルサルバドルのブケレ大統領が、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを法定通貨にする考えを示した。近く国会に法案を提出する予定で、実現すれば世界初の事例となる。

関連情報

1. 【全文】ビットコインの法定通貨検討、エルサルバドル大統領のスピーチを日本語で読む

2. 【ニュース】エルサルバドル大統領、世界で初めてビットコインを国の通貨として認める法案提出へ

ビットコインが一国で通貨と認められた場合、どのような影響があるのか。世界初の事例に大盛り上がりとなったツイッターなどのSNSでは様々な見解が散見された。

CoinPostとあたらしい経済で配信する今回の「CONNECTV ニュース解説」では、エルサルバドルに関する情報とその重要性をどのように見れば良いか。ゲストにbitFlyer Blockchain代表取締役・日本ブロックチェーン協会 代表理事の加納裕三(Yuzo Kano)氏をお招きして、情報をお届けします。

bitFlyerの求人募集について

YouTube配信

仮想通貨(暗号資産)メディアCoinPostと、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュースや初心者向けの学べるコンテンツを解説するYouTubeチャンネル「#CONNECTV」。記事でわからないトピックを動画で毎日解説する内容をお届けしている。

国内大手仮想通貨・ブロックチェーンメディアだからこそ可能な、有益な情報を配信予定。今後は、国内外のさまざまなビジネスジャンルのキーパーソンと、仮想通貨・ブロックチェーン業界のキーパーソンがコラボレーションできる「場」の創出を目指している。

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します