タンザニア中銀、仮想通貨・ブロックチェーン導入を準備か

タンザニアが仮想通貨に取り組む方針

東アフリカの国タンザニアの中央銀行は、大統領の呼びかけに応えて、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンに取り組む準備を進めているようだ。ロイターなどが報道した。

同国のSamia Suluhu Hassan大統領は、6月13日に仮想通貨・ブロックチェーン技術に取り組んでいくよう呼びかけていた。

こうした最新技術が金融セクターで台頭してきており、まだ仮想通貨を採用していない国も多いが、「タンザニア中銀はブロックチェーンや仮想通貨について準備を整えておく必要がある」と発言した格好だ。

関連タンザニア大統領「中央銀行は、仮想通貨・ブロックチェーン領域の開発を進めるべき」

この発言を受けて、今週タンザニア中央銀行の広報担当者はロイター通信に対して「当銀行は(大統領から)与えられた指令に取り組んでいる」と述べた。

ビットコイン(BTC)など、民間の仮想通貨を採用する予定があるのか​​、それとも中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行しようとしているのかなどを含め、詳細については明かしていない。

銀行セクターの業界団体「タンザニア銀行協会」のAbdulmajid Nsekela会長も、こうした動きを歓迎している。準備を少しずつ整えていくことで、中央銀行が新しいテクノロジーのリスクを評価し、事前にそれらへの対応方法を考慮しておくこともできると指摘した。

タンザニアでは、現大統領Hassan氏就任前の2019年より、仮想通貨の禁止令が施行されている。今回の動きにより、この方針が撤回される可能性もあり今後が注目される。

東アフリカの国際決済にCBDCを使う案も

東アフリカ地域では、国際決済にCBDCを用いる案も提出されたところだ。

The East Africanによると、タンザニアを含む東アフリカ共同体(EAC)は、加盟国間で国際決済を行う際の技術として、CBDCを使うことも検討しているという。

EAC事務局は「国際決済に応用できる新しい決済インフラを生み出した、最新の技術やイノベーションを調査する」と述べた。「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の使用を含むが、これに限定されない、新しいテクノロジーとその採用について探索する予定だ」とも続けている。

EACは、将来地域の単一通貨を導入することも目指しており、CBDC採用がその選択肢の一つとして検討される可能性もありそうだ。

東アフリカ共同体(EAC)

東アフリカの地域協力機構。ケニア、タンザニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、南スーダンが加盟しており、将来的には地域統合も目指している。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します