CoinPostで今最も読まれています

インド国民の仮想通貨投資額、1年で約200倍に=報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

一年間でインドの投資額が急増

ブロックチェーン分析企業Chainalysisのデータによると、インドにおける暗号資産(仮想通貨)投資額は、過去一年間で2億ドル(約220億円)から400億ドル(約4.4兆円)近くに急増した。Bloombergなどが報道した。

インドでは政府の仮想通貨規制方針が不透明な状況が続いているが、それにも関わらず投資は活況を呈しているようだ。Chainalysisによると18〜35歳の年齢層が仮想通貨に最も関心を示しているという。

「ゴールドよりも利便性高い」との意見も

インドはゴールド(金)投資が盛んな国として知られているが、Bloombergによると、ゴールドから仮想通貨へと軸足を移す者も多くいるという。

32歳の起業家であるRichi Sood氏がその一人だ。彼女は約13,400ドル(約150万円) をビットコイン(BTC)や、アルトコインであるドージコイン(DOGE)やイーサリアム(ETH)に投入し、2月にはその一部を現金化。自身の運営する教育事業の海外展開資金に充当することができたという。

アルトコイン

アルトコインとは「Alternative Coin(代替のコイン)」の略で、ビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)を指す。

▶️仮想通貨用語集

Sood氏は「ゴールドよりも仮想通貨に投資したい」として、その理由を「仮想通貨はゴールドや不動産よりも透明性が高く、収益も短期間で得ることができる」と語った。

また、インドでは度々政府が仮想通貨取引を禁止するのではないかという懸念が浮上してきたが、Sood氏は「リスクがあっても自分の投資意欲は高い」との姿勢を示している。

最近の報道では、インド財務省の専門委員会が仮想通貨規制の検討を行っており、7月の国会で、ビットコインを「資産」クラスの一つとして分類する可能性が高いと伝えられているところだ。

関連インド、ビットコインが資産クラスとして分類される可能性=報道

仮想通貨取引所ZebPayの共同創設者Sandeep Goenka氏も、仮想通貨の利便性について次のように述べた。

インターネットに接続するだけで、仮想通貨を購入できる。ゴールドとは異なり、それが本物だと検証する必要もない。

Bloombergによると、現在インドでは仮想通貨トレーダーの数が合計1,500万人を超えている。比較すると、米国は2,300万人、英国は230万人だ。

投資利益でインドは低迷、日本は世界第三位

一方で、Chainalysisが6月7日に発表した別のレポートによると、2020年のビットコイン投資利益に関しては、インドは他の市場に遅れをとっており、上位25ヵ国中18位でわずか約2億ドル(約220億円)と報告された。

出典:Chainalysis

首位は米国が41億ドル(約4,500億円)、2位の中国が11億ドル(約1,200億円)、3位の日本が9億ドル(約1,000億円)、4位の英国が8億ドル(約900億円)と続いている。なお、これらの数字はChainalysisが独自に見積もった額であり、おおまかな推計だ。例えば取引所から引き出されていない額は計算に入っていない。

Chainalysisは、インドが不振だった理由について、インド政府が仮想通貨取引に対して敵対的な態度を取っていたことで、投資が妨げられていた可能性があると指摘している。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧