推定1,000億円超のビットコイン投資詐欺、南アフリカで清算手続き進む=報道

MTIからの資金回収手続き進む

2020年に閉鎖し、詐欺であることが判明した南アフリカの暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォーム「Mirror Trading International(MTI)」について、裁判所で清算措置が行われた。この際、これまでに回収された1,281ビットコイン(BTC)に加えて、8,000ビットコイン(時価300億円相当)が見つかっている、とMoneywebが報道した。

事件の経緯

MTIは2019年に設立され、自動化されたビットコイン取引プラットフォームだと称していた。小額のビットコインをウォレットに預けるだけで、AIを利用した取引ボットにより1日あたり0.5%から1.5%それを増やすことができると宣伝してユーザーを勧誘していた格好だ。

また、ユーザーが他のユーザーをプラットフォームに紹介すると、さらにリターンが大きくなる仕組みも備えていた。こうした手法により、MTIは2019年から2020年にかけて巨額のビットコインを取得した。

しかし2020年7月には、米国テキサス州の証券委員会が、MTIは「マルチ商法の詐欺」と指摘し、取引を停止するよう命令している。

その後、南アフリカの金融セクター行為監督機構(FSCA)の調査でも、MTIがその事業に必要な準備資産を持たない詐欺であることが判明。同社のJohann Steynberg CEOが国外逃亡したことも明らかになった。

これを受けてSteynberg容疑者の財産は暫定的に差し押さえられ、MTIの清算手続きも開始されていた形だ。

今後も顧客資金の行方を追跡

清算人は今回、MTIに流入した推定29,000ビットコイン(時価1,000億円相当)の行方をさらに追跡して回収することができると述べている。また資金を回収しやすくするため、MTIをポンジスキームの詐欺だと断定すべきであると主張した。

ポンジスキーム

一般的に「高配当」を宣伝し、顧客から資金を集める詐欺。新たな顧客から集めた資金を「配当」と偽って以前の出資者に横流しするが、資金が回らなくなった時点で破綻する。

▶️仮想通貨用語集

共同清算人のRiaan van Rooyen氏は「私たちはMTIスキームへ加入していた人々、特に高齢者や弱者のために、できるだけ多くのお金をとり戻したいと思っている」と述べた。

新型コロナウイルスの状況も見ながら、この先多くの加入者に連絡し、彼らが資金をとり戻すための申し立てを行うのを手伝う計画だという。

匿名グループの情報によると、MTI幹部の何人かは、詐欺プロジェクトにより1億ランド(約8億円)以上を稼いだとされている。

南アフリカは規制枠組み構築へ

南アフリカでは、こうした詐欺や不正が相次いだこともあり、仮想通貨市場の規制に乗り出している。同国の銀行規制機関「健全性機構」によると、今後3カ月から6カ月の間に、仮想通貨の規制枠組みを整えていくという。

関連南アフリカ、仮想通貨に対する規制枠組みの構築急ぐ=報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します