正念場を迎えるビットコイン、金融市場の地合い悪化に警戒感

ビットコイン相場と金融マーケット

週明け19日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は、前日比-1.75%の346万円(31,580ドル)と続落した。

現在のBTCは徐々に日足の高値を切り下げ、典型的なディセンディングトライアングル(下降三角形)を形成しており、引き続き厳しい情勢にある。18日には反発をトライしたが、32,500ドルで上値を叩かれ上抜けに失敗した。大衆心理が下目線に偏りつつある中、31,000ドル付近の節目では断続的なショートカバー(売りポジションの踏み上げ)も発生しており、一筋縄ではいかない相場が続く。

skewのデータによれば、ETH/BTC現物取引量は過去2ヶ月間で半減した。ETH/USDは再び1800ドル台まで下落しており、薄商いが顕著となる中で主要アルトの戻りは限定的だ。

Skew

週明けの株式市場では、変異ウイルス感染拡大などを嫌気して下落したNYダウ市場の影響が波及した。これを受け、東京株式市場(前場)では日経平均株価が前週末比418円安(-1.5%)となるなど、金融マーケット全体の地合いの悪さも仮想通貨市場に影を落としているようにも見受けられる。

先日発表された6月の米消費者物価指数(CPI)では、前年同月比5.4%となり、2008年のリーマン・ショック以来の水準を記録。過去13年間で最大となった。

現在流通する米ドルの内、約30%が2020年の大規模金融緩和で印刷されたと推定され、米国のインフレ率は3ヶ月連続で上昇していることから、長期的には、ビットコインの希少価値及び代替資産性が一層注目される可能性は考えられる。

その一方、金融当局による早期利上げ観測が再燃すれば、短期的にはビットコイン含むリスク資産全般が売られるリスクが強まることが懸念される。直近のインフレ指数は、原油価格など経済再開に伴う供給不足に起因するもので「一時要因」だと指摘する声も多く、FRBのパウエル議長らは慎重な見立てを示す。

総悲観状態が続く

分析企業Santimentのデータによれば、ビットコインに対するネガティブな感情は、直近2年間でピークに達しつつある。

Santiment

Alternative.meの提供する「Fear&GreedIndex(恐怖&貪欲指数)」でも、現在はExtreme Fear(極度の恐怖)を示す24となっており、5月下旬以降低調に推移している。

Fear&GreedIndexは、ボラティリティ、市場のモメンタム、SNSの感情分析、ドミナンス、Googleトレンドから算出する指標である。ビットコイン暴落(アルトバブル崩壊)前の5月12日時点には68を示していたが、その後大幅下落した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します