インドとマレーシア 仮想通貨取引所バイナンスへ規制対応

インド当局が資金洗浄関連で調査か

インドのマネーロンダリング対策局である「執行局」がバイナンス、及びその傘下取引所WazirXの役員を調査していることが、ブルームバーグによって報じられた。

WazirXはバイナンス傘下のインド暗号資産(仮想通貨)取引所。調査は、過去10ヶ月で中華系賭博アプリを介して得られた約150億円の資金の一部をWazirXを通して資金洗浄された疑いに関するものだ。

情報筋を引用したブルームバーグによると、当局は現在バイナンス側の役員の返答を待っているという。一方、バイナンスの代表者はブルームバーグの取材で、「6月〜7月、バイナンス側は執行局から呼出状をもらっておらず、全ての呼出状はWazirX宛てになっている」と説明している。

マレーシアも警告

また、マレーシアの証券委員会(SC)はバイナンスが同国で取引所のサイト及びモバイルアプリの利用を停止するよう命令を下したことがわかった。

SCは停止命令で、SCが2020年7月に公開した「投資家への警告リスト」にバイナンスは入っているにもかかわらず、マレーシアで運営を続けていると指摘。停止命令の対象は、Binance Holdings Limited、Binance Digital Limited(英)、Binance UAB(リトアニア)、Binance Asia Services Pte Ltd(シンガポール)の4つのバイナンスエンティティだ。

SCは7月26日からの14営業日以内にウェブ及びモバイルサービスを停止するように要求。また、CEOのCZ氏が差し止め命令を確実に実行する必要があることも記されている。

また、上述の4つのバイナンスエンティティが国内投資家へのメディア及びマーケティング活動を直ちに止め、マレーシア投資家がバイナンスの公式テレグラムグループにアクセスすることを制限するようにも命令している。

バイナンスはここ数ヶ月、多くの規制当局から警告や規制対応を受けている。その詳細は、まとめ記事「バイナンス 各国政府の警告・金融機関のサービス停止事例まとめ」に掲載されている。

著者:菊谷ルイス
参考:ブルームバーグ , マレーシアSC

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します