仮想通貨Kin:イーサリアムとステラのハイブリッドシステムに移行

イーサリアムとステラネットワークのハイブリッドシステム
KinとKikの両開発者間で長期間の討議の結果、イーサリアムブロックチェーンとステラネットワーク上両方にKinを存在させることとなり、トランザクションスピードや流動性改善を目的とした数少ない2つのブロックチェーンを使用したプロジェクトとなります。

Kikメッセンジャーを完全にするために

Kinファンデーションの トランザクション速度とブロックチェーン上のプロセスを増加させるため仮想通貨であるKin(KIN)を拡張する試みで、ステラネットワークからフォークすることが決まりました。

5月8日火曜日に出たこのアナウンスは、KinとKikの両開発者間で数ヶ月討議の結果、決定しました。

Kinの開発者は、Kikメッセンジャーを完全な製品の第一歩とし、Kinをこの製品に合わせることで一種の解決策となることを望んでいます。

この解決策には、長期的にプロジェクトに利益をもたらすためにイーサリアムとKin自身のステラネットワークのフォークのハイブリットシステムが必要となるのです。

もともとイーサリアムのERC20プラットフォームのスケーラビリティー問題のため、Kinの開発者はステラネットワーク上にトークンを移すことを決めていました。

よく似たハイブリッドデザインでは、トークンはイーサリアムとステラネットワーク上で関連性を持ちながら実行されます。

これは、そのシステムがステラのスピードイーサリアムの流動性を持っていることを意味しました。

しかし、Kinとステラのロードマップと最終目標が違うため、Kinの開発者は、ブロックチェーンからフォークすることを選択し、ステラ団体との関係を維持しています。

その新たなブロックチェーンはイーサリアムブロックチェーンと関連性を保ちながら進められます。

2つのブロックチェーン上にKinが存在することは、Cryoto-verseで極めて少ないプロジェクト、革新的アイデアとして取り上げられています。

最近ICOが終了し、2つのブロックチェーンを使用しているもう一つのプロジェクトであるBankeraは、ERC20とNEMモザイクの両方が稼働していました。

Kinの場合では、2つのブロックチェーンでトークンの複製の必要性は全くありません。

単一のデジタルサービスの内部取引の利用では、ステラプラットフォームが使われるのに対し、外部での支払いや取引量のボリュームに関してはイーサリアムプラットフォーム上に存在するでしょう。

Kikの開発者であるGadi Srebnik氏は3月に相似しているネットワークについて以下のように述べています。

イーサリアムはKin保有者に流動性を提供していますが、そのロード時間と手数料は消費者の日々のニーズには対応出来ないです。

2番目のブロックチェーンとしてステラを加えることで、より速く、より効率の良い基盤でKinのエコシステムを操作でき、このエコシステムでのデジタルサービスに必要なスピードとスケーラビリティを獲得するために必要な取引手数料は低くなります。

Kinファンデーションの最終的な目標は、Kinネットワーク上で取引手数料を無くし、マイクロトランザクションを可能にすることで、コインの使い勝手をさらに良くさせ、ゆくゆくは市場のどの仮想通貨よりも人気にさせることとしています

Kin (KIN) To Fork from Stellar and Create Hybrid Solution With Ethereum

MAY 13, 2018 BY DAVID GEKKO

参考記事はこちらから

CoinPostの関連記事

KinのICOは過小評価されている?今後大きく価格を伸ばす可能性も?
ICO通貨であるkinは、3億人のユーザーを抱え、10億ドル以上の企業価値を誇るメッセージアプリ大手のKikが発行した今後注目すべき通貨の内の一つです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加