CoinPostで今最も読まれています

機関投資家が分散型金融(DeFi)への参入をためらう理由とは Forkast寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DeFi参入をためらう理由は?

大口投資家がDeFi(分散型金融)に参入する一方で、参入をためらっている投資家もいます。

DeFiは、伝統的な銀行やベンチャーキャピタルから注目されています。しかし、多くの機関はまだ参入を見合わせています。Forkast.Newsがその理由を取材、まとめました。

DeFi利用者の急増

DeFi Llamaによると、DeFiのプロトコルのTotal Value Locked(TVL)は今月、1,570億米ドル(およそ1兆7,000億円)となり、過去最高額を更新しました。これは、仲介を必要としないブロックチェーンベースの金融アプリケーションを使っての、貸し借りのプラットフォーム、信用取引、決済への関心が高まっていることを示しています。

イーサリアム技術企業「ConsenSys」が発表した2021年第2四半期のDeFiレポートによると、機関投資家の資本が、従来の金融よりも利回りの高いDeFiに殺到しています。

DeFi産業は発展途上ですが、DeFiプロトコルへのベンチャーキャピタルへの投資、DeFiトークンの購入、DeFi上場投資信託(ETF)などへ、機関投資家は高い関心を示しています。

世界中の大手銀行がDeFiに注目

シリコンバレーのベンチャーキャピタルであるAndreessen Horowitz(a16z)もまた、DeFiへの高い関心をもっています。同社は、Uniswap、Maker、CompoundといったDeFiのブルーチップを仮想通貨ポートフォリオに含めています。

アジアでは、タイ最大かつ最古の銀行Siam Commercial Bankが、軍資金として、1億1,000万ドル(およそ120億8,000万円)相当のブロックチェーン、DeFiなどのデジタルアセットを保有しています。

DeFiプロジェクトに投資している金融機関、Alpha Finance Lab、Anchor Protocol、Ape Board、AxelarのDeFiに対するスタンスは、DeFiへの投資は金融業界における破壊的革命のはじまりだというものです。

ゴールドマン・サックスも、顧客にDeFiを勧める意向をしめしています。同銀行は7月、米国証券取引委員会にDeFi取引所を申請しました。このファンドは、先進国と新興国市場へブロックチェーンおよび、DeFi分野の上場企業へのエクスポージャーを提供するようです。

関連:ゴールドマン・サックス、米SECにブロックチェーン関連のETFを申請

DeFiの活用法

アジアで最初にDeFiに投資した上場企業の一つであるタイ上場企業、The Brooker Group。同社はDeFiの保有は長期戦略と考えています。同社社長、バリット・ブラクル氏は以下のように語ります。

デジタルアセットネットワークは爆発的に普及しています。私達機関投資家が、クロスアセット投資やトークノミクスを、さらにポートフォリオに取り込む絶好のチャンスです。

同様にポジティブな見解を述べるのは、SEBA 銀行のアジアCEO、サム・リン氏です。

DeFiのプロトコルが、個人や中小規模の仮想通貨投資に広まりだして、まだ数年しかたっていません。世界はまだDeFiをどう使うべきか理解していません。今はまだ、新しいサービスを提供し、プロトコルの基礎が固め、機関投資家を受け入れる準備をしているところです。

DeFiの基礎が変化すると共に、DeFiユーザーの属性も変化します。当初は、開発者や仮想通貨通だけがDeFiのユーザーでした。そして次第に富裕層や個人経営者や、一部の仮想通過に興味をもつ人々も、DeFiのプロトコルを使い始めました。その結果、流通する資産が増え、商社や中央主権型プラットフォームがDeFiユーザーの多くを占める結果になりました。

機関投資家をDeFiへ参入させるためには

しかし、機関投資家がDeFiに参加するには、いくつものハードルがあります。マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策(AML/CFT)の強化は必須です。また、急速な進化も信頼性に欠けます。その結果、一般的に規制基準の厳しい大手金融機関は、参入を見合わせているのが現状です。

香港に拠点を置くデジタル資産のカストディアン、Hex TrustのCEO、アレッシオ・クアグリーニ氏はこう語ります。

DeFiプロトコルは、まだほとんど規制されておらず、金融機関の運用フレームワークに簡単に収まらないいくつかの問題点がありあます。さらに、匿名または偽名で運用されるDeFiプロトコルやブロックチェーンは、AML/CTFに与える影響が大きいです。

もう一つの課題は、投資対象としてのDeFiのボラティリティです。

ボラティリティーのレベルは、伝統的なアセット・クラスのものより、まだはるかに高いです。

その他にも、サイバーセキュリティや、ユーザーがデジタルアセットにアクセスするために、秘密鍵を使うシステムなども、多くの機関投資家をDeFiがら遠ざけています。また、多重のログインシステムも見直されるべきです。そして、DeFiへの投資が、がハッキングのよって失われる可能性や、悪用される危険性なども懸念されています。

しかし、ブロックチェーンのエコシステムは、すでにこの問題に対するいくつかの解決策を打ち出しています。ハッキングやある種の債務不履行に対するDeFi保険も登場しています。

機関投資家はどうDeFiへ投資すべきか

このような課題を乗り越えるため、仮想通貨業界は改善をくりかえし、問題点を解決し、機関投資家への参入口を広げてきました。

SEBA銀行のリン氏は、機関投資家がDeFiから簡単に利益を得る方法は、プロジェクトのトークンを所有することだと考えています。同銀行は顧客にもDeFiのトークンを勧めています。他にも、AAVE、LINK、 UNI、SNX、 YFI、 USDCを使った投資、カストディ、トレーディングなどもサポートしています。

DeFiファンドも選択肢のひとつです。リン氏はこう語ります。

そのいくつかは、機関投資家のみが参加できます。そして、業界をリードするDeFiプロトコルの数々に触れることができます。投資家は、トークンを直接買わなくても、DeFiを使うことができるのです。

世界最大のデジタルアセット運用会社、Grayscaleは7月にDeFiファンドを立ち上げ、機関投資がDeFiプロトコルに触れる機会をつくました。

DeFiプロトコルの許可版を利用することにより、機関投資家は、AML/CFTコンプライアンスそして、取引をモニターができる、流動性市場での直接取引をおこなえます。

Aave Arc and Compound Treasuryはコンプライアンスやリスク管理がきちんとしている上に、利回りのいいDeFiの一例です。

機関は、民間流動性プールを通して、DeFiの利回りにアクセスすることができます。Compound Treasuryは、顧客の米ドルをUSDCに変換し、4%の固定金利を提供することで、ボラティリティーの問題を解決しようとしています。

DeFiの未来

DeFi業界が成長し続けている今、業界関係者はDeFiの未来を前向きにみています。Brooker Groupのブラクル氏はこう語ります。

DeFi業界は成長していて、仮想通貨への投資は増えていることを、機関投資家は理解しています。私達はビットコインやステーブルコインと同様、DeFiへの投資が増えてきたのを見てきました。

サイアム商業銀行(SCB)ブロックチェーンファンドのように、DeFiに特化したファンドもあります。機関投資家、ベンチャーキャピタル、民間企業がDeFiや分散型アプリケーション(DApp)への投資を増やしています。2021年にはアジア市場、とくにシンガポールと香港で、高い投資リターンのDeFi運用が多くなると、私達は見込んでいます。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧