エルサルバドルの監督機関、政府のビットコイン購入やATM設置を調査へ=ロイター報道

ビットコイン購入やATM設置を調査

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を法定通貨として採用したエルサルバドルの政府は、同国の監督機関から調査を受けることが分かった。本件に関する文書を入手したロイターが報じた。

調査を行うのは、公的な資金を監督する機関「Court of Accounts」。政府のビットコイン購入や仮想通貨のATM設置に関して不満の声が上がったために調査を実施するという。どのようなプロセスでビットコイン購入が認可されたのか、また公的な資金が使われたATMの設置についても詳しく調査を行うとしている。

ビットコイン(BTC)を法定通貨と定める「ビットコイン法」がエルサルバドルで施行されたのは今月7日。それに合わせてデジタルウォレット「Chivo」がローンチされ、ATMも設置された。また、エルサルバドルは政府としてビットコインを購入している。

関連世界初 エルサルバドル政府がビットコインを購入

世界で初めて仮想通貨を法定通貨としたことで大きな注目を集めたが、法律施行後はアクセス集中などの原因で、アプリやATMでシステムの不具合が発生した。

またシステムの不具合以外でも、ビットコイン法を受け入れられないとする野党支持者や労働組合員らが政府への抗議活動を行なっており、ATMが破壊されたり、燃やされたりする事例も確認されている。

関連世界銀行が改めて支援拒否「ビットコイン法施行のエルサルバドルは支援対象外」

ビットコイン法とは

米ドルと並行する形で、ビットコインを法定通貨として認めたエルサルバドルの法律。同国のブケレ大統領が法案を推進し、2021年6月9日に議会によって可決された。

▶️仮想通貨用語集

調査について

今回調査を要求したのは、現地の人権団体「Cristosal」。Court of AccountsはCristosalの要求を10日に受理した。Court of Accountsは、役人に対して行政処分をしたり、資産に制裁を加える権限を有しているという。

具体的にCristosalは、「ビットコイン信託」に関わる役員6名に対して抗議を行なった。エルサルバドル政府は今月、店舗などの経済主体が今後、受け取ったビットコインを米ドルに換金する場合などに備えて160億円規模のビットコイン信託を立ち上げている。

Court of Accountsは「抗議を受理したため、これから法的な分析を進めて、適切なタイミングで『General Audit Coordination』という組織にレポートを提出する」と説明した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します