世界初 エルサルバドル政府がビットコインを購入

世界初の政府によるビットコイン購入事例

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は7日、政府が初めて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を購入したことを発表した。

政府によるビットコインの購入は9月7日(現地時間)に『ビットコイン法』の施行に向けて実行されたもので、最初に購入したビットコインは、200BTC(約11億円)だという。なお、取得価格は明確ではない。

エルサルバドルのビットコイン法とは

米ドルと並行する形で、ビットコインを法定通貨として認め、市民がビットコインを全ての決済シーンで利用できることを定めている。エルサルバドルのブケレ大統領が推進した法案で、2021年6月9日に議会によって可決された。ビットコインが国の法定通貨として正式に認められる初の事例となった。

▶️仮想通貨用語集

ブケレ大統領によると、政府が利用するブローカーはこれからビットコインをより多く購入する予定があるという。国によるビットコインの保有はブケレ大統領の本来の計画にあり、6月のスピーチでは「法案が実現すれば、ビットコインを法定通貨として認め、保有する初の国家になります」と話した経緯がある。

関連【全文】ビットコインの法定通貨検討、エルサルバドル大統領のスピーチを日本語で読む

先週、政府は店舗などの経済主体が今後、受け取ったビットコインを米ドルに換金するなどに備えて160億円規模のビットコイン信託を立ち上げた。

*追記:ブケレ大統領は、国がさらに200BTCを購入したことをSNSで伝えた。

正式に施行

速報:

『ビットコイン法』は日本時間7日午後、正式に施行された。これにて、ビットコインはエルサルバドルの法定通貨の1つとなった。

CONNECTV

関連:エルサルバドルビットコイン購入で強気心理に拍車、FTX関連銘柄の躍進止まらず

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します