シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開始で

Symbol高騰

国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankを運営するビットバンク株式会社は5日、予定していたシンボル(XYM)の取扱いを開始したことを発表。bitbankのXYM/JPYでは一時前日比50%以上高騰した。国内での取扱いは、取次業務を行うサクラエクスチェンジを含め3例目。

出典:bitbank

bitbankではネム(XEM)が上場していないことから、スナップショット配布分による売り圧力が限定的だった上、国内で最もアルトコイン出来高が活性化するbitbankに上場したことで、流動性向上などを背景に、他通貨からの資金移動による買いが強まったものと見られる。現時点では、上場先や流動性が不十分であるため、海外など他取引所と価格乖離(プレミアム)が生じやすい点には注意したい。

CoinMarketCapのデータによると、XYMの24時間取引量はZaifが1位の30%越えで、国内取引の根強い支持が影響した可能性がある。

時価総額ランキング500位以内の仮想通貨高騰率ランキングでは、17時30分時点で2位に位置している。

国内人気の高いネム(XEM)の新通貨であるシンボル(Symbol)は、開発者、企業、個人向けに設計された次世代のエンタープライズ規格のブロックチェーンであり、既存のシステムやプロセス、および他のネットワークやブロックチェーンとのシームレスな統合を実現するパブリックチェーン上に発行された暗号資産。

10,000XYM以上の保有者は、ブロックチェーンが正常に機能するためのエコシステムの維持に対し、新ブロック生成プロセスにて収穫を意味する「ハーベスティング(委任ハーベスト)」によってノード及びネットワークに貢献することで、ステーキング報酬のようなリワード報酬を不定期に得ることができる。

関連:シンボル(XYM)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します