米国版バイナンスでビットコインが一時8,200ドルに、その原因は

フラッシュクラッシュの原因について

仮想通貨ビットコイン(BTC)は日本時間21日夜8時30分、米国版バイナンス上で一時的に8,200ドル(約93万円)まで暴落していた。

出典:Tradingview

米国版バイナンスでの急落(フラッシュクラッシュ)がほかの取引所にも影響を与え、FTXなどのBTC/USD市場では一時6万ドルを割っていた。フラッシュクラッシュは一時的なものにとどまり、執筆時では約6.3万ドルで推移している。

出典:Tradingview

関連ビットコイン過去最高値更新でアルト市場に資金流入、相場の乱高下に警戒感も

米国版バイナンスでのフラッシュクラッシュについて、当初は大口による大量売り(592BTC相当)や、トレーダーの過失によるものと推測されていたが、のちに、公式側はトレーディングソフトウェアのバグが引き起こしたものと説明。

The Blockなどが入手したEメールによると、「1つのクライアントのトレーディングソフトウェアのバグが引き起こしたフラッシュクラッシュで、すでに修正されたそうだ」という。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します