FTX、仮想通貨で不動産購入サービス開始

マイアミ初

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは6日、不動産屋INHOUSE COMMERCIALと提携し、仮想通貨による不動産購入のサービスを開始することを発表した。

INHOUSE COMMERCIALはフロリダ州マイアミ市で運営する不動産屋で、最初に購入可能な対象は、「960 Alton Road」と「1000 17th Street」にある2つの物件だ。

出典:グーグルマップ

購入にあたって、FTXが受け付けた仮想通貨を米ドルに転換し、売り手の口座に資金を振り込む。価格変動を最小限に抑えるために、転換は即時に行われるという。

「Alton Road」にある物件は31,350平方フィート、2階建てのプレミアムオフィスビルで、中ではシネマやジムも設けられている。また、「1000 17th Street」にある物件は、18,000平方フィート、3階建ての商業施設で、世界的著名建築設計事務所Arquitectonicaによってデザインされたという。

INHOUSE COMMERCIALの創設者Jared Robins氏は提携について、「多くのテック、仮想通貨関連企業が南フロリダ州に移転して来つつある中、FTXとの提携が今後より多くのテック企業がこの町で商業資産を購入し、本社とするきっかけになることを楽しみにしている」とコメントした。

マイアミは米国の仮想通貨先進都市の1つだ。マイアミ市がシティコインプロジェクトで得た収益をビットコイン(BTC)として市民に分配したり、同氏のFrancis Suarez市長が給与をすべてビットコインで受け取ると宣言するなど、仮想通貨友好都市のイメージを宣伝し、仮想通貨・ブロックチェーン企業の移転を促進しようとしている。

関連マイアミコインから紐解くシティコインの可能性【CONNECTV・動画解説】

関連米マイアミ市長、給与の100%をビットコインで受け取りへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します