アイフリークモバイルが「CREPOS NFTマーケット(仮)」開設、パレットチェーン採用

CREPOS NFTにパレット採用

NFTに特化した事業を展開するHashpaletteは、アイフリークモバイルとアイフリークモバイルのグループ会社であるアイフリークスマイルズが共同開設するNFTマーケット「CREPOS NFTマーケット(仮)」に、NFT SaaS「HashSuite」とNFT特化型ブロックチェーン「Palette(パレット)」が採用されたことを発表した。

パレットチェーンはアニメ・漫画を中心とした日本発のデジタルコンテンツ(NFT)を中心に発行・管理・流通するためのブロックチェーンネットワーク。

ユーティリティトークンである暗号資産(仮想通貨)パレットトークン(PLT)は今年7月、国内初IEO(Initial Exchange Offering)プロジェクトとして、国内最大手取引所のコインチェックへと上場。トークンセールで申し込み倍率24.1倍に達するなど注目を集めた。

アイフリークグループとは

アイフリークグループは、2004年より「i-mode」のデコレーションメール向けのコンテンツを展開し、携帯・スマートフォンを中心としたデジタルコンテンツの先駆けとして20万点以上のデジタルコンテンツを提供している。また、2006年からはクリエイターの「作る」を応援し、創作の支援を行うネットワークサービス「CREPOS」の提供を通じて様々なクリエイターとともにコンテンツを制作・提供している。

そのような中、昨今話題となっているNFT分野におけるコンテンツ提供がクリエイターの新たな活躍の場となるのではと考え、NFTマーケットの開設に至った。

CREPOS NFTマーケット(仮)では、「CREPOS」を軸とすることで、クリエイターへ安心安全なNFTマーケットプレイスを提供し、出品から販売までをトータルサポートするというコンセプトを基にした展開を予定している。

CREPOS NFTマーケット(仮)の概要

CREPOS NFTマーケット(仮)では、アイフリークスマイルズが運営する絵文字・スタンプなどのデジタルコンテンツサイト「デココレ」や電子絵本アプリ「森のえほん館」で活躍するクリエイターによるNFT作品を展開するだけでなく、HashSuiteの機能を活用した「NFTプレゼント」や「ファンとのコミュニケーション機能」を設ける予定。

また、将来的には、CREPOS NFTマーケット(仮)に参加するクリエイターのNFTアートをメタバース上で展示・販売する新サービスなどを検討する。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します