バイナンス、LUNAやLINKで6つの取引ペアを追加

銘柄の流動性を増やす

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは23日、6つの新規取引ペアの追加を発表した。

追加されるペアは以下の通り。日本時間24日18時より取扱を開始する予定だ。

  • COCOS(COCOS BCX)/TRY(トルコ・リラ)
  • GXS/BNB
  • LINK/BNB
  • LUNA/ETH
  • MDT(Measurable Data)/BUSD(米ドルステーブルコイン
  • NULS(Nuls)/BUSD

関連ビットコイン反転攻勢、上位アルトではテラ(LUNA)が続伸

上記銘柄は以前からバイナンスに上場したもので、銘柄の「新規上場(リスティング)」ではない。

一方、バイナンスは17日、AXS/BIDR(インドネシア・ルピア)、CAKE/BRL(ブラジル・レアル)、SUSHI/BIDR、WAVES/RUB(ロシア・ルーブル)の3通貨ペアの提供廃止を発表した。

関連バイナンス、一部取引ペアの取扱廃止を発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します