大手コンサルPwC、「The Sandbox」でランドを購入

コンサルティング会社もメタバース進出

世界4大会計・コンサルティング会社の一つ、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は23日、NFTを利用したメタバース(仮想空間)ゲーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」でバーチャル土地(ランド)を購入したことが発表された。

関連メタバース上のNFTゲーム「The Sandbox」について動画解説【CONNECTV】

購入を実施したのはPwCの香港支社「PwC Hong Kong」で、世界初のコンサルティング会社によるランド購入だ。

一方、購入したランドの場所や購入金額について明かしていない。

PwC Hong KongのパートナーであるWilliam Gee氏は発表で、「今後、我々は専門知識を使って、世界的なデジタル現象になりつつあるメタバースを受け入れたいクライアントと連携していきたい」とコメントし、メタバースの普及に備えていく姿勢を見せた。

現在、一部のブランドや有名人がThe Sandboxに参入しつつある。先日、米著名ラッパーSnoop DoggがThe Sandboxとコラボ、ランドをオークションし、5,000万円で落札された事例や、adidas OriginalsがThe Sandboxで土地を確保した事例も見られた。

関連「The Sandbox」、Snoop Dogg隣接ランドが5,000万円で落札

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します