「The Sandbox」、Snoop Dogg隣接ランドが5,000万円で落札

Snoop Doggの隣人になる

NFT(非代替性トークン)を利用したメタバース(仮想空間)ゲーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」で、米著名ラッパーSnoop Doggの隣接バーチャル土地(ランド)が5,000万円で落札されたことがわかった。

関連メタバース上のNFTゲーム「The Sandbox」について動画解説【CONNECTV】

競売されたのは、The Sandboxが2日に発表したSnoop Doggコラボの土地で、Snoop Doggが所有する区画「Snoopverse ESTATE」に隣接する3つの土地が競売された。

関連「The Sandbox」、Snoop Doggコラボのランドセール実施へ

その中の1つは、P-Apeというコレクターによって落札された。落札価格は約70,903SANDで、5,000万円に相当する。

P-Apeは有名NFTのBored Ape#6445やMutant Ape#11089も所有している。

また、その他の2つの土地はそれぞれ3,800万円と4,600万円で落札されたという。

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

Snoop Doggとのコラボについて、The Sandboxは2022年始にSnoop Doggのバーチャルコンサートを主催する予定だ。

関連:「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します