CoinPostで今最も読まれています

Nasdaq:仮想通貨市場参入は現状難しい|参入への鍵は市場規制の厳格化

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場は現在ハイプサイクルの流行期のピーク
ナスダックCEOを務めるAdena Friedman氏は、仮想通貨市場参入などに関するインタビューで、仮想通貨市場は規制がまだまだ不足している点や、価格がハイプサイクルの「流行期」頂点にある状況であり、現状では市場参入より、技術提供者として技術提供に力を入れていることを言及しました。
ハイプサイクルとは
主にIT関連で話題となる新技術の認知度や期待度が、時間経過と共にどのように変化していくかを表したサイクルのことである。ハイプサイクルの典型的な流れは以下の通りである。まず、新技術の登場時は盛んに紹介され(黎明期)、その可能性や将来性がもてはやされる(流行期)。やがて、空騒ぎの状態に陥った過度の期待は逆に幻滅を招き、期待度を急落させる(反動期)。その後、生産性が安定していくに伴い、期待度も緩やかに上昇していき(回復期)、市場の成熟を迎える(安定期)。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

6/5、ブルームバーグのビジネス番組のインタビューで、ナスダックCEOを務めるAdena Friedman氏は、ブロックチェーンと仮想通貨について、自社の今後の動向や自身の複数の見解を述べました。

ナスダックシステムの提供

まず初めに、番組のMCの今所有している仮想通貨に関する質問に対し、Friedman氏はまったく持っていないと答えました。

最近では、ゴールドマンサックスやCMEのような大手金融機関が仮想通貨先物取引への参入が話題となっている一方で、Friedman氏はナスダックにおける同市場への参入予定について、以下のように述べました。

「いつ参入するか、または本当に参入すべきなのかについて、我々は今まで研究指向のアプローチを取ってきた。私は、仮想通貨の仕組みを理解に努めており、インターネット上の金融要素となり得ると思うが、現時点では、国際貿易において、基本的な目的を持ってなく、投機目的がメインである一種の資産である。しかしながら、仮想通貨仕組みの全体像を見渡せば、グローバルで滑らかな貿易を可能にするのが本来の目的だと思われる。」

そして、Friedman氏はナスダックの仮想通貨取引所導入に関して、以下のように続けました。

「この市場には規制がまだまだ不足している事や、仮想通貨の価格がハイプサイクル「流行期」のピークにあります。でも、関わっている業者や企業も多くある中で、数多くの取引所がよりフェアなマーケットルール、技術の改善と市場活動の健全な監視を目指すべく、自主規制の方向へ進んでいる現状は大変励ましい。それを見据えて、我々は、技術提供者として、今後も得意とする監視・マーケット技術を提供し続けるつもりだ」

SBIVCの導入

今日本で取引所の本格始動として注目を集めているSBI ヴァーチャルカレンシーズの取引所。

SBI北尾氏hs投資家向けの決算説明会にて、同取引所にてこの米NASDAQのシステムを使用することを明かしています。

利点としてNASDAQのシステムはSBIのPTS(時間外取引)で使用されており、強固なシステムの盤石ぶりに対して、太鼓判を押していました。

CoinPostの参考記事

仮想通貨取引所『SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)』情報まとめ|大きく期待できる5つの理由
「SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)」仮想通貨交換サービス(VCTRADE)が8月から本稼働開始。テレビCMの実施予定、取引所モデルの板取引開始、イーサリアム(ETH)の取り扱い開始など、最新情報をまとめています。

市場参入について

また、最近、米仮想通貨取引所ジェミニやイスラエルにある仮想通貨取引企業にナスダックの独自の取引プラットフォームやモニタリング技術でパートナーシップを結んだこと、仮想通貨市場参入について、Friedman氏は以下のように語りました。

「ウィンクルボス兄弟は(マーケットによく見る様々な)トラブルを回避するために我々の技術を活用し、健全な取引モニタリングを築いている。これは技術分野のパートナーシップなのだ。一方で、市場分野においては、我々は、先物取引について、綿密な調査を行ってきた。結果としては、証券取引所として率先して市場への参加はまだ必要な状況ではない。まずは、数多くの仮想通貨取引所による仮想通貨の時価情報の的確さを確かることが先決で、商品を提供してしまうと信用を失うだろう。第二に、市場規制が多くなっていくことでの、主流市場となり得る状況に伴い、改めて決めるつもりだ」

仮想通貨とは別に、ブロックチェーン技術について、同CEOが以下のように前向きなを態度を明かしました。

「ブロックチェーンは長期的に間違いなく革命的な技術となるが、現段階では、実行するのが難しい。とはいえ、私は近い将来我々のビジネスの力になってくれると思う」

過去、Friedman氏はCNBCのインタビューでいつかは仮想通貨取引所開設を検討すると言及しましたが、規制や市場の変動性が不明瞭な中、時期はまだまだ曖昧な状況と言えるでしょう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧