取引所AscendEX、合成資産プラットフォームのSynthetify(SNY)を上場

AscendEX、Synthetify(SNY)を上場

暗号資産(仮想通貨)取引所のAscendEXは、Synthetify(SNY)を上場したと発表した。通貨ペアは米ドルステーブルコインとのペア、SNY/USDTで提供される。

Synthetifyは、ソラナ(Solana)ブロックチェーン上のマルチ担保型の合成資産の取引所となっている。

イーサリアム基盤のブロックチェーンプラットフォームであるSynthetix(シンセティックス)同様のサービスで、仮想通貨や株式、法定通貨、その他金融商品を一つの場所から提供する架け橋になることを目指す。合成資産とは、これら多様な金融資産価格と価値を連動したラップドトークンのこと。

高速で低コストのトランザクションを特徴とするSolanaは、Synthetifyのような合成資産取引所にとって最適であるという。

Solanaによって、Synthetifyは他の合成資産プラットフォームが抱える、高い手数料や承認時間の長さ、マーケットの変動時の裁定取引による損失などを解決している。

また、Solana上の競合プロジェクトとは、Solanaエコシステム外の資産も取り扱うことなどで差別化を図っているとした。

ネイティブトークンのSynthetify(SNY)は、ステーキングや合成資産の担保などに利用される。

その他にも、手数料の割引やガバナンスへの投票などにSNYを利用できる予定だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します