CoinPostで今最も読まれています

軍事的緊張高まるウクライナ、仮想通貨の寄付が急増

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨で寄付

ブロックチェーン分析企業Ellipticは8日、ロシアとの軍事的緊張が高まるウクライナで、対露戦略支援のために暗号資産(仮想通貨)による寄付が急増していると報告した。

ウクライナ政府やウクライナ軍を支援するNGO(非政府組織)など、有志団体への資金提供手段としてビットコインが活用されている。これまでに、総額数十万ドル(数千万円)相当が集まったことが明らかになった。

ソ連崩壊以後、政治および経済的混乱が続いたウクライナでは、ロシアによる2014年のクリミア侵攻に国軍が対処できないほど軍備が衰えていたという。その際に、兵力や装備、武器、医療品などを提供したのが、個人からの寄付金で資金調達したNGOや有志団体だった。

Ellipticは、これらの団体が使用している仮想通貨ウォレットを特定し、これまでに総額57万ドル(約6,580万円)相当の資金を受け取ったことを突き止めたという。その大半が昨年寄付されたもので、2020年の仮想通貨による寄付は6,000ドル(69万円相当)に過ぎなかったが、ロシアとの対立が先鋭化したこともあり、2021年には900%以上増加した。

どのような団体なのか

Ellipticは、仮想通貨で寄付を受け入れている代表的な団体について、検証している。

Come Back Alive (「生きて帰れ」)

2018年に仮想通貨の受け入れを開始した「Come Back Alive」は、ビットコインによる寄付が急増した団体の一つだ。2021年後半には、およそ20万ドル(2,310万円相当)を受け取った。

Come Back Aliveはウクライナ軍に支援を行っている中で最大級の組織で、軍事装備や軍事訓練、医療用品を提供している。砲兵部隊にドローンによる偵察システム開発資金を提供したこともあるという。

ウクライナ・サイバー同盟(Ukrainian Cyber Alliance)

ウクライナ・サイバー同盟は、仮想通貨による寄付のみを受け付けている。

過去1年間の受取額は約10万ドル(1,160万円相当)で、ステーブルコインをはじめ、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインといったアルトコインも利用された。同団体は、ロシアをターゲットにしたサイバー攻撃を行うこともあり、その対象はロシア国防省、プロパガンダサイト、ウクライナでロシア関連の活動する個人だという。

活動で収集された情報は、ウクライナの法執行機関や諜報機関と共有されているようだとEllipticは報告した。

サイバー・パルチザン (Cyber Partisans ):ベラルーシのハクティビスト集団

ビットコインの寄付を受け付けており、過去6ヶ月で8万4,000ドル(約970万円)相当のビットコインを受け取った。

ベラルーシの鉄道網に対する攻撃で、ウクライナ国境に向かうロシア軍を妨害。

ハクティビスト

ハクティビストとは、ハッキングを利用して、社会的・政治的な主張を実現しようとする活動家。ハッキングとアクティビスム(activism=行動主義)を掛け合わせた造語。

▶️仮想通貨用語集

Myrotvorets Center

キエフに拠点を置き、ウクライナ政府や法執行機関と強いつながりを持つNGO。 「ウクライナの敵」とみなされるロシア人、傭兵、ジャーナリストなどの個人情報を公開。同団体による自宅住所の公開後、作家と議員が暗殺され、物議をかもしだした。PayPalがアカウントを封鎖し、資金が押収された。

2016年から仮想通貨による寄付を受け入れ、写真から「過激派や戦争犯罪者」を特定可能な顔認識アプリ・プロジェクトの資金調達に成功。これまでにビットコインで26万8,000ドル(約3,100万円)超を受け取る。

資金の一部に過ぎない

仮想通貨による寄付は、ロシアが2014年に「ドンバスを救え」キャンペーンで使いはじめた資金調達の手法だという。

しかし、Ellipticの調査によると、寄付金の大半は銀行送金やオンライン決済サービスなど従来の決済方法を用いたもので、仮想通貨の割合はごくわずかにすぎなかった。

一方、上記のウクライナ団体の中には、政府と密接な関係にある団体もあることから、国家による資金調達手段として、仮想通貨が注目される傾向にあると同社は指摘。イランのビットコインマイニング(エネルギー資源の収益化)や、北朝鮮のハッキング活動などを、その例として挙げた。

ウクライナ情勢への対応

ウクライナ情勢が緊迫する中、日本政府は輸入液化天然ガス(LNG)の一部を欧州に融通する方針を決めるなど、異例の措置を発表。主要輸出国であるオーストラリアも有事の際には、欧州の要請に応じて供給するという。

いずれもウクライナへのロシア侵攻により、欧州諸国での天然ガス供給が途絶える事態に備えてのことだ。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア