6/14(木)|仮想通貨市場はトレンド転換なるか・相場が荒れる中で順調なFcoin(FT)とは

仮想通貨市場
仮想通貨市場は、昨日の夜中にかけ突然の下落が起こり、本日の正午前に回復傾向を見せています。まだまだ油断は出来ない相場の中で、5月24日からbeta版が開始した取引所”Fcoin Exchange”の取引所トークン”FT”が高騰し続けています。
仮想通貨関連株
一時7%近く上昇(終値+1.78%)したアクセルマーク(3624)は、開発中のブロックチェーンゲーム第一弾のタイトル名を『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』とすることを発表しました。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨市場

仮想通貨市場は、昨日の夜中にかけ突然の下落が起こり、本日の正午前に回復傾向を見せています。

現在の相場はようやく下落の最終局面を迎えているように見えるため、トレンド転換が近づいているのではないでしょうか。

しかし、油断は出来ない相場になっているため、慎重に陽線を確認してから入る方がいいと思われます。

話題の取引所トークン

仮想通貨全体が下落している中、影響を受けず順調に推移している通貨がFcoin(FT)です。

5月24日からbeta版が開始した取引所”Fcoin Exchange”の取引所トークン”FT”が高騰し続けています。

この取引所は、元Huobiの最高技術責任者が立ち上げた取引所で、取引所トークンを保有すると高配当が受け取り可能と話題になっていました。

  • FTトークン保有者に収益の80%分が毎日配当として取引が行われたコインで配布
  • 強力なVCであるDHVC (Danhua Capital)、8 Decimal Capital、Node Capitalが出資
  • 取引手数料の50%の紹介者ボーナス制度あり
  • 取り扱い通貨:BTC,ETH,USDT,FT,ZIP,BCH
配当は、取引手数料で徴収されたコインの80%がFTトークン保有者へ配布され、100万FT持っていた場合、公式サイトで配当額が毎日リアルタイムで下に表示されています。

昨日急激な下落があり、その原因は、”最近の取引量とWebサイトのユーザー数が大幅に増加し、収益分配の計算と分配に時間がかかるため、集中アップグレードを行う”といった内容のアナウンスです。

そのアナウンスの中で、”その期間(6月12日から6月19日まで)の収益分配は一時停止される”とされたことで大幅下落しました。

しかし、この配当が遅れることなく、毎日配当が分配されることが発表され、現在は価格が安定しています。

Medium Fcoin

仮想通貨取引所であるOKExの取引所トークンであるOKBトークンで、配当は50%と言われているので、それを超える80%という数値で人気が出たのでしょう。

このトークンの詳細は以下のリンクから確認ください。

Fcoin公式サイト

免責事項

今回のFTトークンは、通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。

それぞれの通貨の内容を独自で調査し、ご自身の判断で投資することをおすすめ致します。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、仮想通貨を配付するWebサービスのプラットフォーム『@BLAST(アットブラスト)』の提供開始した、AppBank(6177)が、材料出尽くしで9.38%安。

また一時7%近く上昇(終値+1.78%)したアクセルマーク(3624)は、開発中のブロックチェーンゲーム第一弾のタイトル名を『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』とすることを発表。

出典:アクセルマークのdAppsゲーム

ゲームジャンルについて、分散型アプリケーションやスマートコントラクトを構築するプラットフォームである「仮想通貨イーサリアム(ETH)」で動作する、トレーディングカードゲームになる模様です。

なお、マーケットプレイス以外のバトルや強化などのゲーム部分については、ゲーム中に発生するGAS料金などの低コスト化+動作の軽量化を図るためにオフチェーン化した、ユーザーフレンドリーな設計となっていると強調しています。

そのほか、国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア(3853)が、6月23日行われる同社の株主総会における議決権投票を実証実験としてブロックチェーンを用いて行うことを発表。新しい試みが関心を集めました。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

インフォテリア社、株主総会にてブロックチェーンを用いた議決権投票実験実施へ
インフォテリア株式会社は、今週6月23日行われる同社の株主総会における議決権投票を実証実験としてブロックチェーンを用いて行う事を公表しました。 同社の株式保有数に応じて、議案ごとに議決権の権利を持つデジタルトークンを配布し、投票、集計を行います。
仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加