CoinPostで今最も読まれています

米NY金融サービス局がBCH・ETH・LTC・XLMを許可登録|itBitが取引開始

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米仮想通貨取引所「itBit」に4通貨が上場
アメリカの仮想通貨取引所「itBit」は14日、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から認可を受け、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ステラ(XLM)の取り扱いを新たに開始することを発表した。
ステラ(XLM)とは

リップルと同じように、国境を超えた送金や決済を可能にすることを目指している通貨。

世界中の金融アクセスとリテラシーを拡大することを目的として、マウントゴックスの創設者ジェド・マケーレブ氏が中心となって開発した。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

itBitが新規仮想通貨取引開始

アメリカの仮想通貨取引所「itBit」は6月14日、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から認可を受け、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ステラ(XLM)の取り扱いを開始することを発表しました。

同取引所は2013年に設立され、2015年5月にアメリカで初めて認可されたビットコイン取引所となり、2018年6月時点で、取引量世界第32位、アメリカで第2位の取引所となっています。

今回の発表によって「itBit」は、ビットコインだけでなく、BCH、ETH、LTC、XLMにおける保管サービス、エスクロー(商取引の際に信頼の置ける第三者を仲介させて取引の安全を担保する第三者預託)取引、相対取引(OTC取引)、そして取引プラットフォームでの一般取引を提供することが可能になりました。

プレスリリースによると、取引プラットフォーム上での一般取引以外は、すぐに開始することができると記述されています。

今回追加された4つの仮想通貨は、全てが時価総額10位以内に入っている人気通貨であり、活発的に取引が行われていることからも、仮想通貨取引所itBitにおける取引量は、飛躍的に増加すると考えられています。

同社CEOのChad Cascarilla氏も、新仮想通貨追加までの道のりを以下のように表現しました。

今回のNYDFSによる認可は、itBitが仮想資産投資家のために、幅広いプラットフォームを構築する布石となった。

エコシステムのさらなる発展に注力してきた結果、DFSの認可によってより多くの仮想資産の取引、保管サービスを提供することが可能になった。

プラットフォームを構築する上で、規制局の監督およびセキュリティは、最優先事項だった。今回、新サービスを提供できることを非常に嬉しく思う。

NYDFSに認可された仮想通貨関連企業

米ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)に認可されている取引所、及び仮想通貨の関連企業は、以下の通りです。

  • Paxos Trust Company(itBitの親会社)
  • Genesis Global Trading
  • BitFlyer USA
  • Coinbase Inc
  • XRP II
  • Circle Internet Financial
  • Gemini Trust Company
  • Xapo

国や行政に認可される重要性

2017年から仮想通貨市場は急上昇を遂げ、メインストリームへの進出も着実に進んでおり、多くの人々が注目する市場の一つとなりました。

しかし、急激な伸びに対して市場の整備が追いついておらず、2018年に入ってからも、複数の仮想通貨取引所がハッキング被害に遭うなど、金融セキュリティ基準の甘さや管理体制の不備が明るみになっています。

2018年1月には、日本で最大手の仮想通貨取引所コインチェックが、ハッキングを受けて5.2億XEM(時価総額580億円相当)の不正流出したことで、日本中を騒然とさせるなど大きなニュースになりました。

さらに2月には、イタリアの仮想通貨取引所BitGrailが200億円相当のハッキング被害に、今月6月には、韓国の仮想通貨取引所Coinrailが45億円相当の被害に遭いました。

このように、立て続けに巨額のハッキング被害が発生したことで仮想通貨に対する信用不安が高まっている現状があり、「厳しい審査基準」をクリアして国や行政の認可を受けた取引所は、より安全性(信頼性)が高く、利用者にも重宝されると言えるでしょう。このように適切な規制強化が進むことで、市場の健全化に繋がっていくと考えられています。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ステラルーメン(XLM)とは?|大手企業や政府と提携した背景も解説
仮想通貨 Stellar(ステラ)とは、リップルをベースに置き、国境を超えた決済を個人間で行えることを目的とした通貨です。個人向けであることから価格の変動を抑えるために通貨を毎年1%ずつ追加発行し、ステラが市場に多く出回るような仕組みとなっています。
取引所ハッキング事件多発:仮想通貨取引所の国境を超えた団結の必要性も
仮想通貨取引所がハッキングにより被害が出て、信頼性が欠如すると、業界へ多大なマイナス影響が発生します。取引所間の協力やハッカーに対する攻めの施策を打ち出すことが重要になってくるのではないでしょうか。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。
07/11 木曜日
14:20
バイデン大統領顧問、仮想通貨業界リーダーらとの円卓会議に参加
共和党が仮想通貨支持の姿勢を強める中、バイデン米大統領のアニータ・ダン上級顧問は、仮想通貨業界のリーダーと民主党議員が意見を交わす場として開催された円卓会議に参加した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧