NFTテーマの上場投資信託、米SECに申請

「Fount Token Economy ETF」

米ETF発行企業Exchange Traded Conceptsは今週、米SECにNFTテーマのETF(上場投資信託)を申請した。

ETFの名称は「Fount Token Economy ETF」で、韓国発の投資企業Fount Investment Companyが提供するNFT関連の指数で運用するものとなる。

指数は、仮想通貨トークンエコノミーに関わる企業の株式をポートフォリオに組み入れる。アート、エンターテイメント、ゲーミング、ブロックチェーン技術、NFTインフラの分野の企業が含まれる。

また、申請書では、「対象となる企業の1年間の収益見通しがレビューされ、5割以上の収益がトークン技術業界によるもののみ指数に含める」と記されている。

NFT・メタバース界隈は現在大手投資企業の注目分野になりつつある。米金融大手JPモルガンは2月に、メタバースプラットフォーム「ディセントラランド(MANA)」にラウンジを開設したことを発表した。また、タイの最大手銀Siam Commercial Bankが11日にザ・サンドボックス(SAND)にバーチャル本部をローンチしたといった事例もある。

また、世界的大手金融機関フィデリティは1月、メタバース(仮想現実)テーマのETFの申請をSECに提出。「Fidelity Metaverse ETF」というものは、フィディティが提供する予定の「Fidelity Metaverse Index」指数に基づき運用されるもので、メタバースに関連する開発・製造・分配・商品販売・及び関連サービスに携わるグロバールの上場企業をポートフォリオに組み入れる。

関連米フィデリティ、メタバース系ETFを申請

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します