米フィデリティ、メタバース系ETFを申請

ビットコインETF非承認後

世界的大手金融機関フィデリティは27日、メタバース(仮想現実)テーマのETF(上場投資信託)の申請をSECに提出した。

「Fidelity Metaverse ETF」というETFはフィディティが提供する予定の「Fidelity Metaverse Index」指数に基づき運用されるもの。同指数は、メタバースに関連する開発・製造・分配・商品販売・及び関連サービスに携わるグロバールの上場企業をポートフォリオに組み入れる。

メタバース業界は現在盛り上がりを見せている。旧フェイスブック社が昨年10月に「メタ」に改名しメタバース事業に軸足を置くと発表して以来、Nvidiaやテンセント、米NBAチーム、マイクロソフト、ナイキ、アディダスなど様々な企業や団体も相次いでメタバース事業に参入すると発表していた。

関連メタ社、AIスーパーコンピューターを発表 メタバース事業で活用へ

米国で初めてビットコイン先物のETFをローンチしたProSharesは昨年12月にも類似したETFをSECに申請した背景がある。また、韓国では昨年10月、4つのメタバース関連ETFが上場した事例もあった。

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

一方、フィデリティは現物ビットコインETFも申請していたが、27日にSECに非承認された。

関連米SEC、フィデリティのビットコインETF申請を非承認

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します