米SEC、フィデリティのビットコインETF申請を非承認

非承認が続く米SEC

米SEC(証券取引委員会)は27日、フィデリティ社の現物ビットコインETF申請に対して、非承認の判断を下した。

今回の判断結果は、1月20日にSECがSkyBridge社のビットコイン(BTC)ETF申請を非承認したことに続く事例になる。

関連米SEC、SkyBridgeのビットコインETF申請を非承認

SECはこれまで、KryptoinやValkyrie、VanEck、WisdomTreeなどすべての現物ビットコインETFの申請を非承認してきた。今後は、グレースケールやNYDIGの申請しか残っていないが、承認される可能性は極めて低いと見られる。

一方、フィデリティは米国で承認される可能性が低いと見込んで、昨年の12月に先にカナダでビットコインETFをローンチした。今月ではカナダで運用する2つのファンドにそのビットコインETFを組み入れる予定も発表した。

関連米フィデリティ、ビットコインETFをファンドに組み入れる予定

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します