米フィデリティ、ビットコインETFをファンドに組み入れる予定

カナダで提供開始

世界的大手金融機関フィデリティは10日に、カナダで運用する2つのファンドに独自運用の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)ETFを組み入れる予定を発表した。

対象のファンドはフィデリティのカナダ資産運用支社「Fidelity Investments Canada ULC」が運用する「All-in-One Growth ETF」と「All-in-One Balanced ETF」。「All-in-One」商品は投資信託またはETF(上場投資信託)の形で利用することができるもので、投資家はそれらでフィデリティが運用するビットコインETFへのエクスポージャーを持つができるようになる。

フィデリティの総務VPを務めるChris Pepper氏は発表で、「All-in-One Growth ETF」がポートフォリオの3%、「All-in-One Balanced ETF」は2%のアロケーションとしてビットコインETFに投資すると説明し、規制当局の承認可否を待機しているとした。

フィデリティは昨年12月、カナダで現物ビットコインのETF「Fidelity Advantage Bitcoin ETF」をローンチした。

関連米フィデリティ、カナダでビットコインETFをローンチ予定

また、11月にカナダで初のビットコインのカストディアンになり、機関投資家向けの仮想通貨関連サービスをローンチした背景がある。一方、米国でも現物ビットコインETFを申請しているが、これまでSECはすべての申請を非承認していたことから、現段階ではそれを承認する意思はないとされている。

ETFとは

「Exchange Traded Fund (上場投資信託)」の略。投資信託の中でもETFは証券取引所に上場しているため、株式と同様に売買ができる。ビットコインやイーサリアムのETFがローンチされている国もあるが、米国では現物のETFの申請が承認された事例はない。

▶️仮想通貨用語集

関連上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します