Brian Kelly氏が語る6000ドル割れのビットコインが復活する3つの理由|仮想通貨取引所への業務改善命令はポジティブ

Brian Kelly氏が語るビットコインが復活する3つの理由
仮想通貨投資ファームのBKCM LLCの創業者・CEOであるBrian Kelly氏が日本時間6月23日、CNBCの経済番組Fast Moneyに出演し、ビットコインが復活する3つの理由について語りました。
理由1:悲観的な感情がピークに近づいている
現在は多くの人々が「ビットコインは終わった」と考え始めています。悲観的感情はピークに近づきつつあり、このことこそがビットコイン価格が底値に近づいていることのサインになります。
理由2:日本の取引所への業務改善命令はポジティブにはたらく
金融庁の行う改善命令によって、取引所の新規口座開設が停止されます。これは短期的に見ればポジティブなニュースではありませんが、長期的にはこれらの取引所がシステムを一新することになり、ポジティブな影響をもたらすでしょう。
理由3:Mt. Goxは債権者への精算を完了させる方向で動いている
Mt. Goxは6月22日、破産手続きを中止し、民事再生手続きを開始しました。民事再生手続きの下では、ビットコインの返還に関する債権は即座に金銭債権には転換されないため、売り圧力が低減することが予想されます。
Brian Kellyとは
仮想通貨投資ファームのBKCM LLCの創業者・CEO。資産管理と仮想通貨のコンサルティングを行う。主要著書に「The Bitcoin Big Bang – How Alternative Currencies Are About to Change the World」がある。米CNBCの番組「Fast Money」に出演。 ツイッター@BKBrianKelly

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

6月22日に日本の大手取引所bitFlyerなどの6社に対して金融庁が業務改善を命じたことを受けて、仮想通貨市場の下落が続いています。

6月24日には、ビットコイン価格が6000ドル(約66万円)の心理的障壁を割り込み、多くの投資家の間で悲観的なムードが漂っています。

ビットコイン価格の今後に関しては、下げトレンドが継続すると予測する典型的なアナリストが存在する一方で、米著名投資家のBrian Kelly氏(以下、Kelly氏)は楽観的です。

ビットコイン価格は2月の年初来安値を更新

ビットコイン価格は6月24日に6000ドル(約66万円)の心理的障壁を割り込んだ後、一時的に65万円の大台を割り込みました。

その後、さらに下落が続き、2月につけた年初来安値を更新しました。

出典:bitFlyer.jp

ビットコイン価格が回復する3つの理由

6月も取引所のハッキングや規制など、ネガティブなニュースが続き、ビットコイン価格は下落トレンドから抜け出せずにいます。

ビットコイン価格の今後に関して、今後も下落トレンドが続くと典型的な予測をするアナリストが存在する中で、仮想通貨投資ファームBKCM LLCの創業者であるKelly氏は楽観的な予想をしています。

Kelly氏は日本時間6月23日、CNBCの経済番組Fast Moneyに出演し、ビットコインが下落相場から復活する3つの理由を説明しています。

  • 悲観的な感情がピークに近づいている
  • 日本の取引所への業務改善命令はポジティブにはたらく
  • Mt. Goxは債権者への精算を完了させる方向で動いている

悲観的な感情がピークに近づいている

Kelly氏は、多くの人々がすっかり「ビットコインは終わった」と考え始めていると言います。

そして、その兆候こそがビットコイン価格が復活するポジティブなサインであると説明しています。

我々が「ビットコインは終わった」と言い始め、事態が大変悪化した時というのは、悲観的感情がピークに近づいている時です。

したがって、最近のFUDはおそらく底値が近いことを意味しています。

日本の取引所への業務改善命令はポジティブにはたらく

Kelly氏はさらに、前日に報道された日本の仮想通貨取引所への業務改善命令についても触れています。

大手取引所bitFlyerは金融庁からの業務改善命令を受けて、新規アカウント作成を停止し、仮想通貨需要が一次的に弱まることが予想されます。

しかし、Kelly氏は金融庁の業務改善命令は長期的には良い方向に働くと主張しています。

日本の複数の取引所が金融庁から業務改善命令を受けたことは、実は良いことです。

それらの取引所が新規口座開設を停止していることから、短期的に見ればポジティブなニュースとは言えませんが、それらの取引所はシステムを一掃することになります。

このことは人々にとって良い方向に傾くでしょう。

Mt. Goxは債権者への精算を完了させる方向で動いている

2014年に多額のBTCを消失し、破産手続きをしていたMt. Goxですが、6月22日にはこれが中止され、民事再生手続きが開始されました。

破産手続ではビットコイン返還に関する債権は破産手続開始時の評価額を基準として金銭債権に転換されるものの、民事再生手続では民事再生手続開始時に金銭債権に転換されることはありません。

したがって、懸念されていた売り圧力が低減されることになります。

Kelly氏はMt. Goxの民事再生手続きに関して、次のように述べています。

Mt. Goxは債権者への精算を完了させる方向に向かっています。

彼らは10億ドル(約1100億円)に相当する残りのビットコインを返還しようとしています。

しかし、彼らは2019年の第一四半期までそれをする予定はありません。

多くの人は強い売り圧力がかかると考えているようですが、今の所そのような自体は起きていません。

CoinPostの関連記事

Mt.Gox民事再生手続開始決定でどう変わる?売り圧力が消える?
6月22日、Mt.Goxの民事再生手続開始決定が、再生管財人に選出された小林信明弁護士によって発表されました。今回の民事再生手続は破産手続とどう違うのか、仮想通貨投資家最大の関心事項である売り圧力はどうなるのかについてまとめました。
6/22(金)|業務改善命令の影響で急落も、Mt.Goxが民事再生手続開始で新たな動き
仮想通貨市場は、日本の金融庁が仮想通貨交換業者6社に業務改善命令を発表を受け急落も、売り圧力と懸念されるMt.GOXに新たな動きが見られました。

‘Fast Money’ trader Brian Kelly says bitcoin isn’t dead yet

June 22, 2018 Brian Kelly

参考動画はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加