PoW系「Kadena」、128億円のWeb3.0ファンドをローンチ

Web3.0支援の支給プログラム

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)系ブロックチェーンKadena(カデナ)は21日、Web3.0開発を支援するための支給プログラムをローンチした。

支給プログラム「Kadena Eco Grants」の資金規模は約128億円(1億ドル)で、資金がKadenaのエコシステムを支援する団体Kadena Ecoによるものだ。

Kadena上でNFTやDeFi、ブロックチェーンゲーム/メタバース、DAOなどオープンなWeb3.0プロジェクトを構築する開発者が支給対象になる。

また、資金だけでなく、プロジェクト成功のために、アクセラレーターやインキュベーター、ベンチャーファンド、リサーチ・開発といったリソースも支給対象に提供する。

Kadenaは「Pact」というスマートコントラクト言語を利用する高いスループットPoW系のブロックチェーンで、2019年にメインネットがローンチされた。マイニングのエネルギー問題を解決するために「Chainweb」という仕組みを採用、Chainwebでは秒速1万トランザクションまで拡張することが可能だ。

Kadenaのネイティブ通貨KDAはバイナンスなどで取引されている。

関連バイナンス、Kadenaの新規上場を発表

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します